小銭の返済はどうすればいい?キャッシング完済のコツ

キャッシング小銭返済 キャッシングの返済

お金を借りたあと、なるべく早く完済したいですよね。
でも、キャッシング完済を目の前にして立ちはだかる大きな壁があります。それが「小銭」です。

完済を目前にしながら、「小銭が返済できない」と困り果てる人は少なくありません。

キャッシングで小銭を返済することはできるのでしょうか?その可否と方法について見ていきましょう。

なぜキャッシングの小銭は返済しづらいのか?

結論から言うと、キャッシングで小銭を返済することは可能です。
というのも、小銭を返せないようでは完済ができなくなってしまいますから、当然といえば当然です。

ただし、小銭の返済方法がややこしいため「小銭分の端数は返済できない」と思い込んでいる人も少なくありません。

本当は完済したいのに、気分がスッキリしないなあ…という思いを抱え込んでいる人はいますぐ気持ちを切り替えてくださいね。

とはいえ、なぜ小銭は返済しづいらいと思われているのでしょうか?

その理由は大きく分けて2つあります。

  • 1. ATMが小銭を扱えないことが多い
  • 2. キャッシング会社のビジネス上の戦略

ATMが小銭を扱えないことが多い

キャッシングでお金を借りたり返済したりするとき、やはりATMや契約機を使うことが多くなります。

窓口でわざわざお金を引き出したり返済するのは面倒ですからね。

ご存じのとおり、ATMは小銭を扱えないことがけっこうあります。
たとえばコンビニATMなどでは基本的にお札のみの取り扱いとなり、小銭は扱えません。

ですから、いざ「小銭の返済をATMでしよう!」と思っても、気軽にできないことが多いんですね。

キャッシング会社のビジネス上の戦略

キャッシング会社というのは、みなさんに貸したお金から得られる利息収入で経営が成り立っています。

つまり、どれだけお金をたくさん貸せるか?がビジネス上とても重要になってきます。これは銀行も同じですね。

ですから、本音を言えば「完済されたくない」のです。いつまでも借入残高を維持してもらって、少しでも利息を得たいと考えています。

しかしどうでしょう。小銭とはいえ、完済されて解約までされてしまうと、キャッシング会社としては大切なお客さんを失うことになってしまいますよね。

なるべく完済しづらいようにして、お客さんには契約だけでも継続してもらいたい。

こういった戦略的な考え方があるため、小銭は返済しづらい仕組みになっているわけです。

小銭は無利息のまま?知っておきたい「無利息残高」とは?

コツコツと返済を続けて、やっと1000円以下の残高になった。あとは小銭を返して終わり!というところまで来たのに、完済がしづらいのは利用者としては困ったものです。

しかし、じつは1000円未満の借り入れ残高は利息が発生しません。これを「無利息残高」といいます。

たとえば、借り入れ残高が500円になったとしましょう。あと500円返済すれば晴れて完済、というケースです。

もちろん500円という小銭も完済することはできるのですが、利息という観点から見ると完済をしなくても損をすることはありません。

ですから、契約上は小銭の残高は口座に残したままでも問題ないわけですね。

これは多くのキャッシングで見られるものですが、一部のキャッシングでは「小銭にも利息がかかるケース」があります。

必ずしもすべての小銭が無利息残高になるわけではありませんので、小銭だけになったらまずはキャッシング会社に問い合わせをしたほうがベターです。

面倒でも小銭を返したい人が知っておくべき返済方法

いくら無利息残高になるとはいえ、口座に借り入れが残ったまま放置するのは気持ちがスッキリしないですよね。

なかには「残高が残っていると過払い金請求に影響しないの?」と気にする人もいらっしゃいます。

いずれにせよ、キャッシングで小銭を完済する方法は知っておくべきです。

小銭を返すには、大きく分けて以下の方法があります。

  • ・担当者がいる店舗窓口
  • ・コンビニATM(不可)
  • ・契約機(専用ATM)
  • ・銀行振込

担当者がいる店舗窓口

プロミス、アイフル、SMBCモビットなど店舗窓口には受付していくれる担当者がいることがあります。

窓口では小銭を返すことができるものの、そもそも店舗数が少ないというデメリットがあります。人によっては車で3時間行かないと店舗がない、なんてことも。

そして、返済するとはいえ「人と会いたくない」と思う人にとっても心理的なハードルが高いでしょう。

コンビニATMでは小銭は返せない

最も便利なコンビニATMは、小銭を返済することができません。
というのも、コンビニATMは返済のみならず引き出しなどをするときも小銭の取り扱いが不可だからです。

契約機(専用ATM)

キャッシングサービスは無人契約機を設置していることがあります。一部例外があるものの、専用ATMでは小銭の返済が可能です。

ただし、1000円単位でしか入金できません。さらに、おつりが出ません。

たとえば、あなたの借り入れ残高が228円としましょう。その場合でもお札しか入金できないので、おつりの772円を返してもらうことになります。

ここまでは良いのですが、772円のおつりは「その場では受け取れません」。

おつりは後日、銀行振込で受け取ることになります。ですから、専用ATMで自分の銀行口座を指定する必要があります。

ちょっと面倒なのですが、他の方法に比べて手数料がかからないというメリットがあります。

専用ATMまで行くのは面倒かもしれませんが、小銭を返済するときには最もオススメの方法です。

銀行振込なら金額指定可能。ただし手数料が…

自分の銀行口座から、キャッシング会社に振込をして小銭を完済する方法があります。

ネットバンキングが使えれば、来店不要で返済できるので便利です。

ただし、銀行所定の手数料がかかるという大きなデメリットがあります。
たとえば、さきほどの228円という返済をするために、手数料を払わねばなりません。

振込手数料のネット銀行などを使っている人にはいいですが、それ以外の人にはおすすめできません。

来店不要で最短即日!Web完結もOKのキャッシング

プロミスの公式サイトをチェックしてみる
プロミスは最もおすすめのカードローンです。プロミスではじめて借入れをする人は、30日間利息0円で借り入れができます(※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要)。書類郵送やカードレスも対応可で、Webだけで手続きできるサービスがあります。借り入れを家族や職場に知られたくない人にオススメ!最短即日で借り入れできます。プロミスは他社の大手消費者金融会社にくらべて毎月の最低返済額が低いので、「毎月の返済額を軽くしたい」という人にもピッタリですよ。フル入力なら電話確認が不要(Webだけで完結)なので、申し込みはフル入力にしましょう。

三井住友銀行・ジャパンネット銀行の口座登録で24時間最短10秒で振込

女性の方には安心のレディースキャッシングがオススメ

WEB完結でカンタンに申し込みから審査、借り入れまで利用できるのがSMBCモビットです。三菱UFJ銀行か三井住友銀行の口座があって、社会保険証があればインターネットだけで手続きが完了するので来店不要。
WEB完結なら「電話なし、郵送なし」で利用できる数少ないカードローンです。SMBCモビットには30日間無利息サービスがありませんが、WEB完結申し込みは家族や職場にバレる心配がないので、安心して利用できます。

\WEB完結、来店不要が嬉しい!/

来店不要で最短即日!はじめてなら最大30日間無利息で借りられる

1秒診断」はキャッシングサービスとくらべて最速の診断スピードを誇ります。はじめての方なら最大30日間利息0円で借りられる安心感、さらには来店不要のネット申し込みも便利です。
急いでいる人は最短即日融資も受けられるので、とにかく今すぐ借りたい!という人にもピッタリ。
さらに嬉しいことに、借り入れ最少単位は1,000円〜となっているので「ちょっとだけ借りたい」というニーズにも応えてくれますよ(限度額800万円まで、一部ATMは10,000円~)。

電話連絡なし!家族や職場にバレずにお金を借りるならアコム

3秒診断」で借り入れ可能かスグに診断!運転免許証(交付を受けていない方は健康保険証等)があれば電話連絡なしで借り入れ可能です。アコムは三菱UFJフィナンシャルグループの消費者金融として高い支持を得ています。
インターネットからカンタンに申し込みができて、即日融資も可能なので非常に便利。
はじめて利用する人は「30日間無利息」でお金を借りられるのも大きな魅力です。家族や職場にバレる心配もないので安心して利用できます。

\アコムは最短即日!30日間無利息!/

当サイトおすすめランキング

プロミスは最短1時間で融資が受けられるキャッシングです。はじめてなら30日間無利息でお金を借りられるため、返済負担を軽くすることができます。

スマホやパソコンからその場で申し込みができるため、来店不要で借入可能。誰にもバレたくない人にもピッタリのキャッシングですね。

SMBCモビットは「来店不要」「電話・郵送なし」という借りる人にとって助かるキャッシングです。わずか10秒で簡易結果表示されるので、その場で借入可能かチェックできます。

もちろんスマホやパソコンだけで申し込みから借り入れまですべて完結できます。無利息期間はありませんが、とても使いやすいキャッシングなのでオススメです。

キャッシングの返済借金の返済
シェアする

お金のハテナ!!【お金を借りる基礎知識】