知って得する!キャッシング利息の計算方法とは?

キャッシング金利の計算方法 キャッシングの基礎知識

キャッシングやカードローンでお金を借りるときに必要なのが「利息の支払い」です。

借りる金額にもよりますが、きちんと理解しておかないと思わぬ利息負担が待ち受けているかもしれません。

しかし、普通に生活しているとあまり金利や利息についてふれる機会って少ないですよね。

そこで、数字が苦手な人でもわかりやすい利息の計算方法について解説します。

キャッシングの利息が計算できると、お金を借りるときの不安をなくすことができますよ。

キャッシングの利息は自分で計算しなくてもOK

いきなりですが、キャッシングの利息は計算式などを覚える必要はありません。なぜなら、ウェブサイト上には自動で利息を計算してくれるシステムがあるからです。

算数が苦手な人にとって、利息の計算は苦痛でしょうから、ここでは便利なシミュレーションを紹介したいと思います。

キャッシングを利用するときにはアイフルやプロミスといったサービスを使う人が多いですが、これらキャッシングには「返済シミュレーション」というものが必ずあります。

返済シミュレーションを使えば、あなたが借りたい金額や返済期間を入力するだけで自動的に利息や総返済額が計算されます。

もちろん、審査へすすむ前に「利息がいくらになるかちょっと気になる」という人でも利用可能です。

特におすすめなのは、プロミスの返済シミュレーションです。他のキャッシングに比べて使いやすく、あなたの希望に応じた計算方法を選ぶことができます。

具体的には以下の項目から好きな条件を選ぶことが可能です。

  • ・毎月の返済金額を知りたい
  • ・返済期間(月数)を知りたい
  • ・借入可能額を知りたい

「10万円借りた場合の毎月の返済額を知りたい」という人もいれば、なかには「毎月1万円ずつ返すと、返済期間はどれくらいになるのかな?」という人もいます。

こうした細かいニーズに合わせて利息を計算できるのは、プロミスの返済シミュレーションだけです。

もちろん、プロミスでお金を借りなくても無料で使うことができるので、プロミスの公式サイトをチェックしてみてください。

プロミスの公式サイトをチェックしてみる

キャッシングの金利はこうやって計算しよう

さて、まずは利息の計算式を確認しておきましょう。

キャッシングの利息はこのような計算式で出すことができます。

  • 元金 × 金利 × 借り入れ期間 = 利息

元金とは?

元金とは、実際にお金を借りた金額のことをいいます。
お金を借りると、この元金に対して利息が発生します。

元金が大きくなれば、そのぶん利息が増えるので注意が必要です。利息を減らしたい人は、元金を少なくするのがもっとも効果的です。

金利(実質年率)とは?

金利はローン会社や銀行によって異なりますが、年利約18%を上限にしているところが多く見られます。

たとえば、おもな消費者金融の実質年率は以下のようになっています。

金利
アコム4.7~18.0%
SMBCモビット3.0~18.0%
アイフル3.0~18.0%
プロミス4.5~17.8%
レイク4.5~18.0%

ちなみに、金利は利息制限法と出資法の上限金利では年率20%までと法律で決められています。

20%を超える金利は違法ですので、借りるときには注意して下さい。

さて、金利といってもその種類は3つあります。

  • ・日歩(1日あたりの金利)
  • ・月利(1ヶ月あたりの金利)
  • 年利(1年あたりの金利)

それぞれどれくらいの期間で金利を計算するかによって分かれています。
キャッシングで使われるのはほとんどが「年利」です。

ですから、年利で利息を計算する場合には「1日あたりの金利」に計算し直す必要があります。

あとでくわしい計算をしますが「年利 ÷ 365日」をすることで、1日あたりの金利がわかります。

1日あたりの金利がわかると、それを借りた日数で掛け算するだけで、支払い利息がスグにわかります。

ちょっと面倒ですが、お金の貸し借りをはじめ、金融で扱われる金利はほとんどが年利で計算されるので、覚えておきましょう。

借入期間とは?

借入期間は、言い換えると「返済までにかかった日数」です。返済期間とも言いかえることができます。

キャッシングの場合には1ヶ月(30日間・31日間)が多くなっています。

ただし、借り入れ金額が大きい場合や毎月の負担を減らしたい場合には返済期間を長くすることができます。

たとえばSMBCモビットの場合、返済期間が最長60回(5年)です。ただし、返済能力その他の事情をかんがみて、合理的な理由があるとSMBCモビットが認めた場合には、最長106回(8年10ヶ月)となります。

利息を計算するときには「1日あたりの金利」で出すことになるので、借入期間は「日数」でカウントしましょう。

たとえば、30日間の年利を知るためには【年利 ÷ 365日 × 30日】という計算をする必要があります。

細かく説明すると、まず【年利 ÷ 365日】で1日あたりの利息を計算します。そのあと【1日あたりの利息 × 30日】でトータルの合計利息を計算しています。

こうすれば、お金を30日間借りた場合の利息がわかるわけですね。

具体的な計算で利息を出してみよう

計算式をみただけではイメージが沸かないでしょうから、具体的な数字で利息を計算してみましょう。

たとえば、いまあなたが以下のような条件でお金を借りたとします。

  • ・借りる金額(元金):10万円
  • ・実質年率(金利):17.8%
  • ・借入期間:30日間

この条件で計算すると、利息はいくらになるでしょうか?実際に計算してみましょう。

  • 100,000円 × 17.8% ÷ 365日 × 30日間 = 1,463円

10万円を30日間、実質年率17.8%で借りたときには1,463円の利息が発生することがわかります。

利息の支払い額を減らしたいのであれば「元金」「金利」「借入期間」のいずれかを減らす必要があります。

あなたがお金を借りるときにコントロールできそうな項目はどれですか?
実際に借り入れをする前に「自分はどの項目を減らせるだろうか?」と考えるのはとても大事なことです。

カードローンで10万円借りたときの利息と返済額はいくら?

借入期間を伸ばすとどうなるの?

さきほど説明したとおり、借入期間を伸ばすと利息の支払い額は増えます。
では、借入期間を30日から60日に増やすと、利息はどう変化するでしょうか?

  • 100,000円 × 17.8% ÷ 365日 × 60日間 = 2,230円

金利の計算は「1日あたり」で出すことがほとんどなので、借入期間(日数)が増えればその分だけ利息は増えてしまいます。

単純計算ですが、ザッと2倍の金額になります。

利息を減らすにはどうすればいい?

お金を借りるときには利息という、手数料みたいなものが発生します。できれば利息の負担は少なくしたいものです。

どうすれば利息は減らすことができるのでしょうか?
繰り返しになりますが、利息負担を軽くするには以下の3つの項目を減らしましょう。

  • ・借り入れ額を少なくする
  • ・返済期間を短くする
  • ・金利の低いキャッシングで借りる

借り入れ額を少なくする

借り入れ額(元金)を少なくすれば、そのぶんだけ利息を減らすことができます。
利息の負担が気になる人は、必要最低限の借り入れを行いましょう。

万が一のことを考えて多めに借り入れしておく、という方法もあります。
しかし、キャッシングはコンビニはもちろんインターネットからスグに借りることもできます。

必要な金額を必要に応じて借りるようにしたほうが、結果的にムダな利息を減らせるでしょう。

また、キャッシングによって借り入れ可能額(最低借り入れ額)がちがいます。

実質年率借り入れ可能額無利息期間審査時間
プロミス4.5%~17.8%1万円〜500万円初回30日間無利息最短30分
アイフル3.0%〜18.0%1,000円〜800万円
(一部ATMは1万円〜)
最大30日間無利息
(はじめての方)
最短30分
アコム3.0%〜18.0%1万円〜800万円初回30日間無利息最短30分
レイク4.5%~18.0%1万円〜500万円30日間 or 180日間
(どちらか選択)
申込後スグ画面に表示
SMBCモビット3.0%〜18.0%1万円〜800万円なし10秒で簡易審査結果表示

利息の支払いを少なくするには、最低借り入れ可能額が低いほうが良いでしょう。

本当は5,000円だけ借りたいのに1万円からしか借りられないキャッシングだと、必要以上に借りた5,000円にかかる利息だけムダな支払いが増えてしまいます。

そうなると、プロミスかアイフルを選ぶのがベストとなります。
プロミスやアイフルは少ない金額から借りることができるため、利息を減らすことにつながるでしょう。

返済期間を短くする

返済期間を短くすると、さきほど計算したように利息が減ります。
返済するお金をあらかじめ計画しておけば、短い期間で返せるようになります。

借入期間は基本的にキャッシングによって決まっています。
毎月一定額を返済するタイプが多いので、借り入れ前にチェックしておきましょう。

無利息キャッシングを使う

キャッシングは利息が発生するのが当たり前です。
しかし、じつは消費者金融によっては条件によって「無利息」でお金を借りることができます。

その代表的なサービスがアイフル、プロミスです。

アイフルとプロミスでは、はじめてお金を借りる人なら30日間の無利息期間があります。

ですから、すぐにお金を返すことができれば「利息ゼロ」でお金を借りることが可能なのです。

利用するには審査が必要ですが、利息をかけたくない!という人にはオススメのキャッシングです。無利息で借りられれば、そもそも利息計算も必要なくなりますね。

利息額はホームページの「返済シミュレーション」で簡単に計算できます。
お金を借りなくても、無料で利用できます。まずは気軽に試してみましょう。

来店不要で最短即日!Web完結もOKのキャッシング

プロミスの公式サイトをチェックしてみる
プロミスは最もおすすめのカードローンです。プロミスではじめて借入れをする人は、30日間利息0円で借り入れができます(※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要)。書類郵送やカードレスも対応可で、Webだけで手続きできるサービスがあります。借り入れを家族や職場に知られたくない人にオススメ!最短即日で借り入れできます。プロミスは他社の大手消費者金融会社にくらべて毎月の最低返済額が低いので、「毎月の返済額を軽くしたい」という人にもピッタリですよ。フル入力なら電話確認が不要(Webだけで完結)なので、申し込みはフル入力にしましょう。

三井住友銀行・ジャパンネット銀行の口座登録で24時間最短10秒で振込

女性の方には安心のレディースキャッシングがオススメ

WEB完結でカンタンに申し込みから審査、借り入れまで利用できるのがSMBCモビットです。三菱UFJ銀行か三井住友銀行の口座があって、社会保険証があればインターネットだけで手続きが完了するので来店不要。
WEB完結なら「電話なし、郵送なし」で利用できる数少ないカードローンです。SMBCモビットには30日間無利息サービスがありませんが、WEB完結申し込みは家族や職場にバレる心配がないので、安心して利用できます。

\WEB完結、来店不要が嬉しい!/

来店不要で最短即日!はじめてなら最大30日間無利息で借りられる

1秒診断」はキャッシングサービスとくらべて最速の診断スピードを誇ります。はじめての方なら最大30日間利息0円で借りられる安心感、さらには来店不要のネット申し込みも便利です。
急いでいる人は最短即日融資も受けられるので、とにかく今すぐ借りたい!という人にもピッタリ。
さらに嬉しいことに、借り入れ最少単位は1,000円〜となっているので「ちょっとだけ借りたい」というニーズにも応えてくれますよ(限度額800万円まで、一部ATMは10,000円~)。

電話連絡なし!家族や職場にバレずにお金を借りるならアコム

3秒診断」で借り入れ可能かスグに診断!運転免許証(交付を受けていない方は健康保険証等)があれば電話連絡なしで借り入れ可能です。アコムは三菱UFJフィナンシャルグループの消費者金融として高い支持を得ています。
インターネットからカンタンに申し込みができて、即日融資も可能なので非常に便利。
はじめて利用する人は「30日間無利息」でお金を借りられるのも大きな魅力です。家族や職場にバレる心配もないので安心して利用できます。

\アコムは最短即日!30日間無利息!/

当サイトおすすめランキング

プロミスは最短1時間で融資が受けられるキャッシングです。はじめてなら30日間無利息でお金を借りられるため、返済負担を軽くすることができます。

スマホやパソコンからその場で申し込みができるため、来店不要で借入可能。誰にもバレたくない人にもピッタリのキャッシングですね。

SMBCモビットは「来店不要」「電話・郵送なし」という借りる人にとって助かるキャッシングです。わずか10秒で簡易結果表示されるので、その場で借入可能かチェックできます。

もちろんスマホやパソコンだけで申し込みから借り入れまですべて完結できます。無利息期間はありませんが、とても使いやすいキャッシングなのでオススメです。

キャッシングの基礎知識金利・利息
シェアする

お金のハテナ!!【お金を借りる基礎知識】