便利で安心!消費者金融の正しい使い方とは?

消費者金融の正しい使い方 キャッシングの基礎知識

お金は正しく借りて、正しく返す。
消費者金融は便利ですが、無用なトラブルをなくすためにも使い方には気をつけたいですよね。

いつでもお金を借りられる消費者金融やキャッシングは非常に便利な存在です。
しかし、それに甘えて借り入れを増やしてしまうと、お金が返済できない状況に陥る可能性もあります。

ですから、消費者金融やキャッシングでお金を借りる前に正しい使い方を覚えておきましょう。

消費者金融の危ない使い方とは?

消費者金融は、よく街で見かける無人契約機やインターネット上からお金を借りられます。
テレビCMで見かけることも多いので、かなり身近な存在になっているのは確かです。

アルバイトやパートでも安定した収入があればお金を借りられるのも大きな特徴です。
もちろん審査がありますが、定期的な収入があれば基本的には借りる資格があります。

お金に困っているときは非常に便利です。
しかしながら、軽い気持ちで使うと後で痛い目にあうことも少なくありません。

自分の収入には見合わない借り方をしてしまったり、返済のアテもないのに借りてしまったり…。
なかにはヤミ金と呼ばれるような業者に手を出してしまう人もいます。

これでは自分の身さえ危ない目に遭う可能性があります。
ではいったい、具体的にどんな使い方は避けるべきなのでしょうか?

生活費のちょっとした足しとして借りる

まず知っておきたいのは、生活費のためにお金を借りる人は要注意である、ということです。

食費光熱費など、毎月の出費には意外とお金がかかります。

ですから、ときにはお金が足りなくなることもあるでしょう。
実際のところ、生活費が足りないからお金を消費者金融でお金を借りている人は多くいます。

誰もが最初は「生活費が足りないからちょっとだけ…」という使い方からスタートします。

しかし、生活費で消費者金融を使うのは正しい使い方とはいえません。なぜでしょうか?

生活費が足りないということは、すでに家計のお金管理ができていない可能性があるからです。
つまり、いまの消費スタイルのままお金を借りてしまうと、その借りたお金なしでは生活できなくなってしまいます。

一度でもキャッシングで生活費を借りると、お金がある生活に慣れてしまう可能性があります。

給料が大幅にアップしない限り、おそらくその生活スタイルはなかなか変えられないでしょう。

すると、返済をせずに借り入れが続き、気づいたときには利息が大きく膨らんでいる…という状況になってしまいます。

消費者金融は使いみちが自由です。
そのため生活費にも使うこともできますが、正しい使い方とは言えません。

生活費で借りるまえに、「ほかに節約できるところはないか?」を考えるクセをつけましょう。

大きな出費のためにお金を借りてしまう

生活費もダメ。大きな出費もダメ。それでは消費者金融でお金を借りられないではないか、と思われるかもしれません。

しかし、大きな出費を補うためにキャッシングでお金を借りるときも注意が必要です。
厳密にいえば、なにも計画を立てずに借りてしまうのが非常に危険だということなのです。

冷蔵庫や洗濯機などの家電、車の修理費用など生活に欠かせない出費が発生したときにはやむを得ません。

良くないのは旅行費用楽器を買うお金をキャッシングで工面することです。

わかりやすくいえば、娯楽費や生活に必ずしも必要でないアイテムへの出費。これらは多くの場合、出さなくてもいい費用です。

絶対に必要とはいえない費用を消費者金融で工面すると、どうしても「借りグセ」がつきます。
自分の欲求を満たす喜びを知ってしまうと、キャッシングが習慣化してしまうのです。

人間は欲しいものを目の前にすると、感覚が麻痺することがあります。
今スグ欲しい。高くても欲しい。これがあれば友達に自慢できる。

こうした欲求に身をまかせて消費者金融でお金を借りるのは、正しい使い方とは言えません。

消費者金融はどんな使い方が正しいの?

それでは、消費者金融はどんな使い方をすべきなのでしょうか?

答えとしては「数日の短期間で借りて、しっかりと返済のアテがあるキャッシング」が正しい使い方です。
もっとわかりやすくいえば、きちんと計画を立てた意味のあるキャッシング、ということ。

消費者金融で最もコワイのは「借りグセ」と「利息」です。

これらの要素をゼロにするためには「本当に困ったとき」に「数日間だけ」お金を借りるという意識が大切です。

本当に困ったときというのは、治療費や食費がどうしても必要なときなど。

いくら便利でも、見栄を張るためにデート代を借りるといった使い方は感心しません。

とはいえ、急な出費で返済計画まで立てるのはむずかしいかもしれません。しかし、返すことを何も考えずに利用する消費者金融と返済プランを考えて使う消費者金融は大違いです。

いつでも借りられる安心感を良い方向に活用しよう

消費者金融の正しい使い方をまとめると、以下のようになります。

  • ・何に使うのか?ハッキリ決める
  • ・必要最低限しか借りない
  • ・いつまでに返済するか?を決める
  • ・利息の計算をしっかりする

キャッシングは審査に通ってカードが発行されれば、基本的にはいつでも自由にお金を借りられます。
ですから、良い意味で「いつでも借りられる」のだから「もうちょっと自分で頑張ってみよう」という意識を持つようにしましょう。

いざというときに頼りになる消費者金融を正しい使い方をすれば、人生はもっと豊かになるはずです。

消費者金融の正しい使い方をマスターして、計画的に活用したいですね。

来店不要で最短即日!Web完結もOKのキャッシング

プロミスの公式サイトをチェックしてみる
プロミスは最もおすすめのカードローンです。プロミスではじめて借入れをする人は、30日間利息0円で借り入れができます(※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要)。書類郵送やカードレスも対応可で、Webだけで手続きできるサービスがあります。借り入れを家族や職場に知られたくない人にオススメ!最短即日で借り入れできます。プロミスは他社の大手消費者金融会社にくらべて毎月の最低返済額が低いので、「毎月の返済額を軽くしたい」という人にもピッタリですよ。フル入力なら電話確認が不要(Webだけで完結)なので、申し込みはフル入力にしましょう。

三井住友銀行・ジャパンネット銀行の口座登録で24時間最短10秒で振込

女性の方には安心のレディースキャッシングがオススメ

WEB完結でカンタンに申し込みから審査、借り入れまで利用できるのがSMBCモビットです。三菱UFJ銀行か三井住友銀行の口座があって、社会保険証があればインターネットだけで手続きが完了するので来店不要。
WEB完結なら「電話なし、郵送なし」で利用できる数少ないカードローンです。SMBCモビットには30日間無利息サービスがありませんが、WEB完結申し込みは家族や職場にバレる心配がないので、安心して利用できます。

\WEB完結、来店不要が嬉しい!/

来店不要で最短即日!はじめてなら最大30日間無利息で借りられる

1秒診断」はキャッシングサービスとくらべて最速の診断スピードを誇ります。はじめての方なら最大30日間利息0円で借りられる安心感、さらには来店不要のネット申し込みも便利です。
急いでいる人は最短即日融資も受けられるので、とにかく今すぐ借りたい!という人にもピッタリ。
さらに嬉しいことに、借り入れ最少単位は1,000円〜となっているので「ちょっとだけ借りたい」というニーズにも応えてくれますよ(限度額800万円まで、一部ATMは10,000円~)。

電話連絡なし!家族や職場にバレずにお金を借りるならアコム

3秒診断」で借り入れ可能かスグに診断!運転免許証(交付を受けていない方は健康保険証等)があれば電話連絡なしで借り入れ可能です。アコムは三菱UFJフィナンシャルグループの消費者金融として高い支持を得ています。
インターネットからカンタンに申し込みができて、即日融資も可能なので非常に便利。
はじめて利用する人は「30日間無利息」でお金を借りられるのも大きな魅力です。家族や職場にバレる心配もないので安心して利用できます。

\アコムは最短即日!30日間無利息!/

当サイトおすすめランキング

プロミスは最短1時間で融資が受けられるキャッシングです。はじめてなら30日間無利息でお金を借りられるため、返済負担を軽くすることができます。

スマホやパソコンからその場で申し込みができるため、来店不要で借入可能。誰にもバレたくない人にもピッタリのキャッシングですね。

SMBCモビットは「来店不要」「電話・郵送なし」という借りる人にとって助かるキャッシングです。わずか10秒で簡易結果表示されるので、その場で借入可能かチェックできます。

もちろんスマホやパソコンだけで申し込みから借り入れまですべて完結できます。無利息期間はありませんが、とても使いやすいキャッシングなのでオススメです。

キャッシングの基礎知識
シェアする

お金のハテナ!!【お金を借りる基礎知識】