知っておきたい「車金融の仕組み」をわかりやすく解説

知っておきたい車金融の仕組み 車にかかるお金

資金繰りなどに困ってしまった時、すぐにお金を調達することができる方法として人気なのが、キャッシングです。

銀行もカードローンを積極的に取り入れているので、比較的借りやすくなっています。しかし、審査に時間がかかったり、審査に落ちる人も少なくありません。

担保を車に入れることで、わりと簡単にお金を借りられる「車金融」という仕組みがあります。今回は車金融の仕組みについてチェックしましょう。

車を担保に入れるから借りやすい

車を担保にして審査を受ける

消費者金融などのキャッシングの場合、お金を借りるためには審査が用意されています。

20歳以上で安定した収入があることが前提で、年収や他社の借入総額、さらにあ職場確認の連絡など、さまざまな内容をチェックして審査可能か判断されます。

一方、車金融の場合は車を担保に入れるので厳しい審査を必要としません。もしあなたが返済できなくなったときは車を売却することで返済資金に充てることができます。

言葉を選ばずにいえば、車を”人質”にとるようなものです。

車だけではない

車金融という名称ですが、バイクや中古重機、中古機械なども担保に入れることができます。担保の種類はさまざまです。とはいえ、ほとんどが車を担保に入れたローンですので、利用者は車を担保にするケースがほとんどです。

車金融は審査がシンプル

さまざまな職種の人が借りられる

車金融を利用するとき、審査が無いということはありません。

まず、車を担保に入れることから始まります。審査内容は、その人の職業、他社への借入総額、勤続年数などではなく、担保に入れている車の価格です。

一般的な消費者金融では、正社員であることが審査に通りやすいポイントです。さらに、大手企業で勤続年数3年以上、そして他社借入をしていないと審査通過率は高いでしょう。さらに、キャッシング経験があっても完済実績があれば、審査に通りやすくなります。

しかし、車金融ではこういったスペックはさほど意味がありません。問題は、車の価値です。

審査としては、個人情報を含め、さまざまな書類を提出しますが、車を担保に入れられるのであれば職場確認の連絡も無くお金を借りることが可能です。

車のローン残高によって借入可能額は変わる

職業問わず、さまざまな人が手軽に借りることができる車金融ですが、一点だけ仕組みが独特なのが車の残債(ローンの残り)です。

200万円の乗用車を購入したとしても、ローンがかなり残っていると審査がおりない可能性があります。車金融でチェックされるのは、こういった車の価値ということを覚えておくと良いでしょう。

車の借り方によって違う仕組み

車を預ける場合

車を担保に入れると、車の所有者はお金を貸した人になるのが車金融の仕組みです。

あとでくわしく説明しますが、車金融でお金を借りた場合、車を預けたほうが毎月の支払い負担は軽くなります。

とはいえ、車を日常的に使っている人は、車を預けてしまうと生活に支障が出てくるかもしれません。ですから、車を使える状態にしてお金を借りたいのであれば、次の方法を検討するといいでしょう。

ふだん通りに車を使いたい場合

車を使う機会が多かったり、仕事で車を利用しなければならないという人もいます。そんな人は、車に乗ったままお金を借りることができます。

「車に乗ったままお金を借りられるなんてラッキー」と思われるかもしれませんが、これにはカラクリがあります。

さきほど説明したとおり、車金融で車を担保に入れると所有者はお金を貸した人になります。所有者があなたから相手に移るわけです。

そのため、借りたお金の返済分とリース料をダブルで毎月支払うということになるので、月々の支払いはかなり大変です。

担保の車が失われるとき

返済できなければ車は売られてしまう

車金融は当然ながら担保が車なので、返済が難しくなった時は車は売りに出されてしまいます。

悪徳業者の場合、返済が1日遅れただけでも車が売られてしまうなどのトラブルも多くあるようです。そのため、車金融を使いたいのであれば、必ず信頼がおける業者を探して選ぶことが大切です。

なぜ危ない?車金融が危険と言われる3つの理由

担保の車はどこに売られてしまうのか?

車金融で担保になった車が流れてしまう場合、最終的には中古車や専門店などの第三者に中古車として販売されます。

どんなに大切に乗ってきた愛車であっても、失われるときはあっという間です。

車金融は、さまざまなトラブルが報告されている、危険な金融業者です。金利も高く、闇金よりも悪質とすらいわれています。車金融を利用したいのであれば、できるだけ優良企業を探すことでしょう。

また、車を担保に入れなくても消費者金融や銀行のカードローンを使えばお金は借りることができます。

危険な車金融に手を出すよりはよっぽど安全ですから、しっかり比較してから選ぶことをおすすめします。

来店不要で最短即日!Web完結もOKのキャッシング

プロミスの公式サイトをチェックしてみる
プロミスは最もおすすめのカードローンです。プロミスではじめて借入れをする人は、30日間利息0円で借り入れができます(※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要)。書類郵送やカードレスも対応可で、Webだけで手続きできるサービスがあります。借り入れを家族や職場に知られたくない人にオススメ!最短即日で借り入れできます。プロミスは他社の大手消費者金融会社にくらべて毎月の最低返済額が低いので、「毎月の返済額を軽くしたい」という人にもピッタリですよ。フル入力なら電話確認が不要(Webだけで完結)なので、申し込みはフル入力にしましょう。

三井住友銀行・ジャパンネット銀行の口座登録で24時間最短10秒で振込

女性の方には安心のレディースキャッシングがオススメ

WEB完結でカンタンに申し込みから審査、借り入れまで利用できるのがSMBCモビットです。三菱UFJ銀行か三井住友銀行の口座があって、社会保険証があればインターネットだけで手続きが完了するので来店不要。
WEB完結なら「電話なし、郵送なし」で利用できる数少ないカードローンです。SMBCモビットには30日間無利息サービスがありませんが、WEB完結申し込みは家族や職場にバレる心配がないので、安心して利用できます。

\WEB完結、来店不要が嬉しい!/

来店不要で最短即日!はじめてなら最大30日間無利息で借りられる

1秒診断」はキャッシングサービスとくらべて最速の診断スピードを誇ります。はじめての方なら最大30日間利息0円で借りられる安心感、さらには来店不要のネット申し込みも便利です。
急いでいる人は最短即日融資も受けられるので、とにかく今すぐ借りたい!という人にもピッタリ。
さらに嬉しいことに、借り入れ最少単位は1,000円〜となっているので「ちょっとだけ借りたい」というニーズにも応えてくれますよ(限度額800万円まで、一部ATMは10,000円~)。

電話連絡なし!家族や職場にバレずにお金を借りるならアコム

3秒診断」で借り入れ可能かスグに診断!運転免許証(交付を受けていない方は健康保険証等)があれば電話連絡なしで借り入れ可能です。アコムは三菱UFJフィナンシャルグループの消費者金融として高い支持を得ています。
インターネットからカンタンに申し込みができて、即日融資も可能なので非常に便利。
はじめて利用する人は「30日間無利息」でお金を借りられるのも大きな魅力です。家族や職場にバレる心配もないので安心して利用できます。

\アコムは最短即日!30日間無利息!/

当サイトおすすめランキング

プロミスは最短1時間で融資が受けられるキャッシングです。はじめてなら30日間無利息でお金を借りられるため、返済負担を軽くすることができます。

スマホやパソコンからその場で申し込みができるため、来店不要で借入可能。誰にもバレたくない人にもピッタリのキャッシングですね。

SMBCモビットは「来店不要」「電話・郵送なし」という借りる人にとって助かるキャッシングです。わずか10秒で簡易結果表示されるので、その場で借入可能かチェックできます。

もちろんスマホやパソコンだけで申し込みから借り入れまですべて完結できます。無利息期間はありませんが、とても使いやすいキャッシングなのでオススメです。

車にかかるお金
シェアする

お金のハテナ!!【お金を借りる基礎知識】