忘年会の会費はいくら?知っておきたい費用の相場

忘年会の費用相場 お金の使い方

年末が近づくと楽しみ(憂鬱?)なのが忘年会ですね。

会社や取引先と飲み会をすることが多くなる季節ですが、気になるのは費用の話。

会社の経費になることも多いですが、自腹で負担しなければいけないケースが多いのも事実。
ただでさえお金のかかる年末に忘年会の費用まで重なると手持ちが足りないことも出てくるのではないでしょうか。

忘年会の会費は相場はいくらなのでしょうか?知っておきたい費用の話について解説します。

そもそも忘年会の起原とは?

忘年会に行きたくない、参加したくないと思う人も多いのではないでしょうか。
お酒飲めない、会社の人と関わりたくない、上司に気を遣うのが面倒…など忘年会には厄介なことがたくさんあります。

それでも年末の風物詩とも言われる忘年会は、そもそもどんな意味があって行われるのでしょうか?

忘年会という言葉を誤解して覚えている人も多いですが、「1年のことを忘れてパーッと飲みましょう」という会ではありません。

反対に「この1年を忘れないようにするための納会」という意味を持っていて、非宗教的行事なんて呼ばれ方もします。

忘年会の起原ははっきりしていませんが、日本のみならずアジア圏の各国でも同じような行事が行われることがあります。アメリカなどの英語圏では「End of the year」や「Bounenkai」という単語で、日本独特の文化と理解する場合も。

忘年会の意味とは?気をつけるべきこと

忘年会と言っても、具体的には大きく2つに分けることができます。
それは「社員を慰労するためのもの」と「取引先などを接待するもの」の2つです。

社員を慰労するための忘年会

忘年会の多くは社内の人のために行われます。会社内の同じ部署、あるいは会社全体で行うことも。

社員のために行われるとはいえ決して気は抜けません。

社員のための忘年会で気をつけるべきこと、あるいは実践したいことは「社内では自分がどのように評価されているか?」を知ることです。

社内では厳しい表情しかしない上司も、飲み会の場では笑って本音を話してくれることも多いです。

そこでは、1年間を振り返って自分の仕事はどうだったか?何が評価されていて、何が評価を下げているのか?こういったことを知る絶好の機会です。

また、来年以降の社内体制や仕事の方針などを本音で語ってもらう機会でもあるので、上司や同僚とコミュニケーションを楽しみたいですね。

取引先などを接待するための忘年会

2つめは、いわゆる接待のために行われる忘年会です。

取引先とは日頃から交流のための飲み会が行われることも多いですが、忘年会はみんなの緊張が溶けていることも多い。

ですから、自社にとって都合の良い条件で仕事の進める方法などをそれとなく提示してみるといいかもしれません。

とはいえ、忘年会は仕事以外の話をするのがオススメ。取引先のお偉方や担当者の好き嫌いを知っておくことで、今後のビジネスに活かすことができます。

忘年会の費用はいくら?知っておきたい相場

忘年会の規模や、会社の規模によって必要な費用は異なります。
多くは一人あたり3,000〜5,000円。多いところでは1万円というところもあります。

忘年会の会場は会社の規模によって分かれることが多く、大企業など社員数が多いところではホテルなどの会場を貸し切って行われることも。

こういったケースでは忘年会費用を自腹で負担することはほとんどありません。多くは会社の経費(福利厚生費)などで払われます。

一方、規模の小さい会社や数人で個人的に行われる忘年会は自腹でお金を払わなければならないケースが多くなります。

忘年会は盛り上がることも多いため、二次会や三次会の流れになることもしばしば。

仮に一次会が会社負担であっても、二次会三次会はほぼ確実に自腹となります。

一次会の平均費用は5,000円前後が多いですが、二次会以降はカラオケやバーに行く傾向が多いため1万円以上の費用がかかることも少なくありません。

忘年会の費用を払えないときどうすればいい?

忘年会が続くと、思っていたより費用がかかってしまいお金が足りなくなることも少なくありません。

とはいえ、会社や取引先との飲み会は容易に欠席できません。ふだんの飲み会とは違って、一同に会して顔を合わせる意味合いが強いからです。

忘年会の費用が払えない場合、取れる対策は大きく分けて3つあります。

  • 1. 参加しない(欠席する)
  • 2. 上司におごってもらう
  • 3. キャッシングでお金を用立てする

忘年会をスマートに欠席する方法

そもそも忘年会に出席しなければ会費は発生しません。ただし事前に徴収されていたりする場合はこの限りではありません。

欠席するのは気が引ける。これは多くの人が思うところではないでしょうか。

とはいえ、お金が足りないときは無理に参加する必要はありません。ではどうすれば上手に欠席できるのでしょうか?

おすすめしたいのは、前もって体調が悪いアピールをしておくこと。さらには、実際に病院に行くことを上司や同僚に伝えておくことがおすすめです。

症状は風邪でもかまいません。なるべく忘年会当日の2、3日前から体調が悪いアピールをしておきましょう。

伏線を張っておけば、ドタキャン感が薄れますから、欠席によって悪く言われる心配はありません。

上司におごってもらう

一次会はむずかしいかもしれませんが、二次会以降は上司におごってもらえるように振る舞いましょう。

そのためには、お金がないことをそれとなく示しておくことが重要。そして、上司の話を積極的に聞いて気持ちよくなってもらいましょう。

上司も人間です。忘年会が充実して楽しいものになれば、「おごってやってもいいかな」という気持ちになるはずです。

キャッシングでお金を用立てする

12月はキャッシングやカードローンを利用する人が多くなります。
その理由は忘年会、さらにはクリスマスや年末年始でお金が必要になる機会が増えるからです。

ですから、忘年会のためにお金を借りる人が多いことは知っておいて損はないでしょう。

お金を借りる場合には、インターネットで借りられるプロミスやアイフルが人気です。

忘年会で急な借り入れが必要になったときでも、最短30分で審査が完了することが支持につながっています。

忙しくて自動契約機に行けない人、誰にもバレることなくお金を借りたい人はネット申し込みを活用しましょう。

来店不要で最短即日!Web完結もOKのキャッシング

プロミスの公式サイトをチェックしてみる
プロミスは最もおすすめのカードローンです。プロミスではじめて借入れをする人は、30日間利息0円で借り入れができます(※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要)。書類郵送やカードレスも対応可で、Webだけで手続きできるサービスがあります。借り入れを家族や職場に知られたくない人にオススメ!最短即日で借り入れできます。プロミスは他社の大手消費者金融会社にくらべて毎月の最低返済額が低いので、「毎月の返済額を軽くしたい」という人にもピッタリですよ。フル入力なら電話確認が不要(Webだけで完結)なので、申し込みはフル入力にしましょう。

三井住友銀行・ジャパンネット銀行の口座登録で24時間最短10秒で振込

女性の方には安心のレディースキャッシングがオススメ

WEB完結でカンタンに申し込みから審査、借り入れまで利用できるのがSMBCモビットです。三菱UFJ銀行か三井住友銀行の口座があって、社会保険証があればインターネットだけで手続きが完了するので来店不要。
WEB完結なら「電話なし、郵送なし」で利用できる数少ないカードローンです。SMBCモビットには30日間無利息サービスがありませんが、WEB完結申し込みは家族や職場にバレる心配がないので、安心して利用できます。

\WEB完結、来店不要が嬉しい!/

来店不要で最短即日!はじめてなら最大30日間無利息で借りられる

1秒診断」はキャッシングサービスとくらべて最速の診断スピードを誇ります。はじめての方なら最大30日間利息0円で借りられる安心感、さらには来店不要のネット申し込みも便利です。
急いでいる人は最短即日融資も受けられるので、とにかく今すぐ借りたい!という人にもピッタリ。
さらに嬉しいことに、借り入れ最少単位は1,000円〜となっているので「ちょっとだけ借りたい」というニーズにも応えてくれますよ(限度額800万円まで、一部ATMは10,000円~)。

電話連絡なし!家族や職場にバレずにお金を借りるならアコム

3秒診断」で借り入れ可能かスグに診断!運転免許証(交付を受けていない方は健康保険証等)があれば電話連絡なしで借り入れ可能です。アコムは三菱UFJフィナンシャルグループの消費者金融として高い支持を得ています。
インターネットからカンタンに申し込みができて、即日融資も可能なので非常に便利。
はじめて利用する人は「30日間無利息」でお金を借りられるのも大きな魅力です。家族や職場にバレる心配もないので安心して利用できます。

\アコムは最短即日!30日間無利息!/

当サイトおすすめランキング

プロミスは最短1時間で融資が受けられるキャッシングです。はじめてなら30日間無利息でお金を借りられるため、返済負担を軽くすることができます。

スマホやパソコンからその場で申し込みができるため、来店不要で借入可能。誰にもバレたくない人にもピッタリのキャッシングですね。

SMBCモビットは「来店不要」「電話・郵送なし」という借りる人にとって助かるキャッシングです。わずか10秒で簡易結果表示されるので、その場で借入可能かチェックできます。

もちろんスマホやパソコンだけで申し込みから借り入れまですべて完結できます。無利息期間はありませんが、とても使いやすいキャッシングなのでオススメです。

お金の使い方サラリーマンのお金
シェアする

お金のハテナ!!【お金を借りる基礎知識】