相場はいくら?借金をするときの金利相場の目安とは

借金の金利相場はいくら キャッシングの基礎知識

借金をするときに必ず必要になってくるのが金利と利息支払いです。

親や友人からの借り入れであれば「利子はいらないよ」といった口約束もあるかもしれません。
しかし、消費者金融やカードローンでは金利なしでお金を借りることはできません。

さて、金利の相場は一体いくらなのでしょうか?
知っておきたい利息の知識についてわかりやすく解説します。

金利は個人同士でも上限に制限がある!

具体的な金利相場をチェックする前に知っておきたいことがあります。
それは、どんな相手との取引であっても金利には上限があるということです。

もしお金の貸し借りをするときに自由に金利を決めることができたらどうなるでしょうか?
個人同士で仲が良ければまだいいですが、必ずしもそうとは限りません。

なかには力関係がハッキリしていることもあるはずです。
強い者が弱い者に対して、年利100%といった暴利をつきつけることも十分に考えられます。

また、不当に高い金利でお金を貸す「ヤミ金」も法律がなければもっと悪質な貸し付けを行うはずです。

異常に高い金利を防いで、借り入れをする人を守るために「利息制限法」という法律があります。
わかりやすくいえば、適正な金利相場でお金を貸し借りするための法律です。

銀行や消費者金融で借金をするときだけでなく、個人同士の借金でも適用される利息制限法。

いったいどのような法律なのでしょうか?

上限金利20%がポイント!

わかりやすくいえば、お金を貸し借りをするときの金利相場を20%に設定するのが利息制限法です。
この法律は、さきほど説明したように違法な金利(利息)を設定するのを防ぐために存在します。

ですから、20%を超える金利は本来あってはなりません。
いくら困っていても、法律で決められた利息はかなり危険な水準であることがほとんどだからです。

これは個人同士でも同じ。
上限20%を超える金利が設定されることは、本来はあり得ないということを知っておきましょう。

もし個人間の借金について金利の目安で困っているのであれば、この利息制限法の20%が1つの相場になると考えられます。

消費者金融の金利相場はいくら?

個人間での借金ではなく、多くの人がキャッシングでお金を借りるはずです。

ここで、借金をするときに最も身近なキャッシングでもある消費者金融の金利をチェックしておきましょう。

金利
アコム4.7~18.0%
SMBCモビット3.0~18.0%
アイフル3.0~18.0%
プロミス4.5~17.8%
レイク4.5~18.0%

ご覧いただくとわかるように、金利の相場はおおむね3〜18%となっています。
なぜこれほど金利に幅があるのでしょうか?

これだけの幅があるのは、借り入れ額によって金利が上下するからです。
大きい金額を借りる人には低い金利、少ない金額を借りる人には高い金利が設定されます。

また、はじめて利用する人や少額での借金をする人は最高利息である18%が適用されることがほとんど。

低い金利で借りるには、借り入れと返済の実績をつくることが大切です。
延滞などがなく、誠実に返済している人は金利が優遇されることもあります。

もし個人同士での借金を検討しているのであれば、金利をしっかりと確認して下さい。
そのときには必ず借用書をつくることも欠かせません。

金利が高いようであれば、消費者金融から借金をしたほうたいい場合も十分にあります。

個人同士で下手にトラブルになるよりは、消費者金融を利用したほうが賢明といえそうです。

カードローンなどは借入金利(実質年率)がしっかり決まっているので、面倒なトラブルが起こることはありません。
やはり安心感で選ぶなら、カードローンを選びたいところです。

プロミスでお得にお金を借りる方法とは?

銀行カードローンの金利相場はいくら?

お金を借りるといえば、銀行も大切な存在です。
銀行では事業性資金の貸し借りが基本ですが、個人も利用しやすいカードローンがあります。

銀行のカードローンの金利相場は以下のとおりです。

金利
三菱東京UFJ銀行カードローン4.6~14.6%
三井住友銀行カードローン4.0~14.5%
みずほ銀行カードローン4.0~14.0%
楽天銀行スーパーローン4.9~14.5%
オリックス銀行カードローン3.0~17.8%

いかがでしょうか?
消費者金融にくらべると上限金利が4%前後の低い水準だということがわかりますね。

「だったら消費者金融じゃなく、銀行のカードローンを利用すればいいのでは?」

そう考えるのは自然な流れです。
もちろん金利だけを見れば銀行カードローンは魅力的です。
おおむね消費者金融よりも4%程度は金利が低いので、支払い利息が安くなります。

しかし、銀行のカードローンは審査が厳しいと言われています。
また、収入証明書の提出が必須になることも多く、必ずしも利便性が高いとは言えません。

とはいえ、まず検討すべきは銀行のカードローンと言えるでしょう。

金利相場だけを見ればカードローンに軍配が上がりますが、利便性で言うと消費者金融も検討する価値は十分にあります。

利息はどうやって計算すればいいの?

キャッシングや借金での金利計算というとむずかしいイメージを持つ人が少なくありません。

しかし、じつは意外とカンタンな式で金利の計算はできてしまいます。

まずは計算式をチェックしておきましょう。

  • 元金(円)× 金利(%)× 借りていた日数(日)÷ 365(日)
  • = 利息額(円)

まず知っておきたいのは「金利」についてです。
一般的に金利というときには、「年利」を表しています。

つまり、金利=年利なので1年間お金を借りた場合の金利ということになります。

ですから、たとえば1ヶ月(30日間)だけ借金をした場合などはもっと安い利息になるわけです。

このあと具体的な計算をしていきますが、考え方としては「まずは1年間の金利で計算して、そのあと実際に借りた期間の金利で計算する」ということになります。

金利20%で100万円を30日間借りた場合の返済額は?

ここでは一例として、具体的な計算をしてみましょう。

100万円 × 20% × 30日間 ÷ 365日間 = 16438円

つまり、元金100万円と利息の16438円の合計である1,016,438円が返済総額になるということです。

借り入れ額が高くなるほど金利相場は低くなるのが一般的ですので、実際の返済総額はもう少し安いケースが考えられます。

相場は不要?個人同士の借金で金利はなくてもいい?

家族や親族、友人から借金をするときに悩むのが「金利は設定したほうがいいのか?」ということです。

貸す側も借りる側も気心が知れている事が多いので、金利の取り決めはいい加減になりがちです。

結論から言うと、個人同士の借金では金利をゼロにしても問題ありません。
なぜなら、金利はあくまでも「手数料」にすぎないからです。

お金を貸す側が、金利はゼロでも良いといえば、金利を支払う必要はありません。
反対に口約束であっても金利について取り決めをしたのであれば、それは守らないといけません。

いずれにしても、必ず借用書を作成して金利についてしっかり記載すべきです。
金利の相場を目安にして、お互いで金利を決めましょう。

身近な人にお金を借りるのは気軽かもしれませんが、場合によっては関係が壊れる可能性も十分にあります。

それまで親しかった間柄なのに、借金の相談をしただけで敬遠されるようになった。
よく起こるケースです。

ですから、金利の安さや借りやすさだけで身近な人を選ぶのは、将来的に後悔する可能性も考えられます。

そういったリスクを取るのではなく、自分の責任でしっかりとキャッシングをしたほうが賢明といえるでしょう。
返済計画をしっかり立てることができれば、新たなスタートを切れるはずですよ。

まずは消費者金融などのキャッシング金利を比較して、自分が借りやすいところを見つけてみましょう。

インターネットからもカンタンに申し込みが可能なので、気軽にチェックしてみてください。

来店不要で最短即日!Web完結もOKのキャッシング

プロミスの公式サイトをチェックしてみる
プロミスは最もおすすめのカードローンです。プロミスではじめて借入れをする人は、30日間利息0円で借り入れができます(※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要)。書類郵送やカードレスも対応可で、Webだけで手続きできるサービスがあります。借り入れを家族や職場に知られたくない人にオススメ!最短即日で借り入れできます。プロミスは他社の大手消費者金融会社にくらべて毎月の最低返済額が低いので、「毎月の返済額を軽くしたい」という人にもピッタリですよ。フル入力なら電話確認が不要(Webだけで完結)なので、申し込みはフル入力にしましょう。

三井住友銀行・ジャパンネット銀行の口座登録で24時間最短10秒で振込

女性の方には安心のレディースキャッシングがオススメ

WEB完結でカンタンに申し込みから審査、借り入れまで利用できるのがSMBCモビットです。三菱UFJ銀行か三井住友銀行の口座があって、社会保険証があればインターネットだけで手続きが完了するので来店不要。
WEB完結なら「電話なし、郵送なし」で利用できる数少ないカードローンです。SMBCモビットには30日間無利息サービスがありませんが、WEB完結申し込みは家族や職場にバレる心配がないので、安心して利用できます。

\WEB完結、来店不要が嬉しい!/

来店不要で最短即日!はじめてなら最大30日間無利息で借りられる

1秒診断」はキャッシングサービスとくらべて最速の診断スピードを誇ります。はじめての方なら最大30日間利息0円で借りられる安心感、さらには来店不要のネット申し込みも便利です。
急いでいる人は最短即日融資も受けられるので、とにかく今すぐ借りたい!という人にもピッタリ。
さらに嬉しいことに、借り入れ最少単位は1,000円〜となっているので「ちょっとだけ借りたい」というニーズにも応えてくれますよ(限度額800万円まで、一部ATMは10,000円~)。

電話連絡なし!家族や職場にバレずにお金を借りるならアコム

3秒診断」で借り入れ可能かスグに診断!運転免許証(交付を受けていない方は健康保険証等)があれば電話連絡なしで借り入れ可能です。アコムは三菱UFJフィナンシャルグループの消費者金融として高い支持を得ています。
インターネットからカンタンに申し込みができて、即日融資も可能なので非常に便利。
はじめて利用する人は「30日間無利息」でお金を借りられるのも大きな魅力です。家族や職場にバレる心配もないので安心して利用できます。

\アコムは最短即日!30日間無利息!/

当サイトおすすめランキング

プロミスは最短1時間で融資が受けられるキャッシングです。はじめてなら30日間無利息でお金を借りられるため、返済負担を軽くすることができます。

スマホやパソコンからその場で申し込みができるため、来店不要で借入可能。誰にもバレたくない人にもピッタリのキャッシングですね。

SMBCモビットは「来店不要」「電話・郵送なし」という借りる人にとって助かるキャッシングです。わずか10秒で簡易結果表示されるので、その場で借入可能かチェックできます。

もちろんスマホやパソコンだけで申し込みから借り入れまですべて完結できます。無利息期間はありませんが、とても使いやすいキャッシングなのでオススメです。

キャッシングの基礎知識
シェアする

お金のハテナ!!【お金を借りる基礎知識】