アコム・アイフル・プロミスを徹底比較!利息や返済額のちがいは?

アコム、アイフル、プロミスを比較 アイフル

キャッシングは種類が多くて、どこで借りたらいいのかわからない!
そういった声はよく耳にしますが、たしかにどのキャッシングもCMをよく見かけますし、ちがいがよくわからないですよね。

特に有名なのがアコム、プロミス、アイフルの3つのサービスです。

お金を借りる場合、いったいどこで借りるのが一番お得なのでしょうか?アコム、プロミス、アイフルを比較してみたいと思います。

結論から言えば、プロミスが一番おすすめ

アコム、アイフル、プロミスをあらゆる角度から比較して行く前に、まずは結論から。

結論からいうと、プロミスが一番おすすめです。

あとでくわしく紹介していきますが、提携ATMの手数料や返済のしやすさを考えるとプロミスが一番使いやすいからです。

アコム、アイフルもそこまで大きな差はありませんが、プロミスを選んでおいたほうがメリットは大きいでしょう。

プロミスの公式サイトをチェックしてみる

申し込みはアコムとプロミスがやや優勢

まずは申し込み方法です。いざお金を借りようと思ったとき、あなたにとって便利な方法で申し込みができたほうが使いやすいのは言うまでもありません。

結論からいうと、申し込み方法はアコムとプロミスがやや優れています。アイフルはわずかに不利です。

とはいっても、各サービスとも大差はありません。なぜなら、アイフルだけ「郵送」による申し込みがないだけだからです。
最近はスマホやパソコンからの申し込みが人気なので、郵送で申し込みをする人はごく一部。

ですから「申し込み方法で借り入れ先を決める」という考え方にはならないと思います。

アコムとプロミスの申し込み方法は?

  • ・スマホ、パソコン、携帯電話(Web申し込み)
  • ・店頭窓口
  • ・専用ATM
  • ・電話
  • ・郵送

アイフルの申し込み方法は?

  • ・スマホ、パソコン、携帯電話(Web申し込み)
  • ・店頭窓口
  • ・専用ATM
  • ・電話

すでに説明したとおり、アイフルでは「郵送」で申し込むことができません。

それ以外はアコム、アイフル、プロミスのいずれも申し込み方法にちがいはありません。

最も効率的で最短なのは「Web申し込み+来店」

これはアコム、アイフル、プロミスのすべてに言えることですが、もっとも最短で効率的にカード発行ができるのは「Web申し込み+来店」です。

申し込みだけはWeb(インターネット)で済ませておいて、カード発行を自動契約機で行います。

こうすることで、申し込みから契約まですべて自動契約機で行うよりも待ち時間を短縮できます。

また、「Web申し込み+来店」でスグにカードを発行してしまえば、後日自宅にカードが郵送される心配もありません。

カードレス(あり・なし)を選べるのはプロミスだけ

ちなみにプロミスは「カードレス(カード発行あり・なし)」を自由に選べます。

アコム、アイフルはカードレスが選べないので、後日自宅に郵送されます。

「カードは発行したくない!」という人はプロミスがおすすめです。カードレスを選んだ場合、インターネットから銀行振込をすることで現金を入金することができます。

プロミスの公式サイトをチェックしてみる

申し込みに必要な書類は大差なし

申し込みをするときには、本人確認書類の提出が必須です。

どの書類を使えるかはキャッシングごとに異なりますが、アコム、アイフル、プロミスでは基本的に「運転免許証」があればOKです。

運転免許証がない人は?

なかには運転免許証と取得していない人もいると思います。その場合には、以下のいずれかの本人確認書類を用意しましょう。

  • ・個人番号カード、住基カード
  • ・パスポート

ただし、本人確認書類に顔写真がない(健康保険証など)の場合には追加で以下のいずれかの書類1点が必要です。

  • ・住民票
  • ・公共料金の「領収書」
  • (電気、ガス、水道、固定電話(携帯電話を除く)、NHK等)
  • ・納税証明書

収入証明書が必要になるケースは?

以下の条件にあてはまる人は「収入証明書」が必要となります。これはアコム、アイフル、プロミスいずれも同じです。

  • ・借入額が50万円を超える
  • ・借入額と他社での利用残高の合計が100万円を超える
  • ・その他、収入証明書が必要と判断される場合

「収入証明書ってなにが使えるの?」という話になりますが、これも各サービスでちがいはなく、以下のいずれか1点が必要です。

  • ・源泉徴収票(最新のもの)
  • ・確定申告書(最新のもの)
  • ・給与明細書(直近2ヶ月+1年分の賞与明細書)
  • ※直近1ヶ月分のみでOKの場合もあり

賞与(ボーナス)がない人は、提出しなくてもOKです。ただし、賞与を証明できたほうが借りられる金額は増えます。

在籍確認の電話は基本ありだが、要望を伝えることもできる

審査をするなかで、「本当に返済能力があるのか?」を確認するために、職場の在籍確認があります。

これはつまり「本当に勤務先が合っているか?」を確認する作業です。

在籍確認は電話で行われることになるので、抵抗がある人も多いでしょう。誰だった職場にキャッシングの人から電話がかかってくるのはイヤですよね。

アコム、アイフル、プロミスでは原則として在籍確認の電話があります。しかし、申し込み完了後すぐに相談することができます。

その際、下記の資料のいずれかを用意しておくと相談がスムーズです。

  • ・社員証
  • ・健康保険証
  • ・給与明細

必ず在籍確認の電話を省略できるわけではありませんが、要望がある場合は相談してみることをおすすめします。

審査の厳しさはどこも同じ

お金を借りるときに、もっとも気になるといっても過言ではないのが「審査」です。

できれば審査の甘いところで借りたいと考えるのは誰しも同じですが、アコム、アイフル、プロミスの審査の厳しさにちがいはないです。

どこも審査が厳しいという印象はありませんが、もちろん誰でも借りられるわけではありません。

審査内容はおもに以下のとおりです。

  • ・借入希望額
  • ・年収
  • ・勤務先
  • ・雇用形態
  • ・勤続年数
  • ・他社借り入れ(ローン含む)

基本的には上記をもとに審査が行われますが、なによりも重要なのは「借入希望額」と「年収」です。

年収が低い人でも、借入希望額が低ければ審査にとおる可能性は十分にあります。

一方で、年収がいくら高くても、借入希望額が見合わなければ審査にはとおらないでしょう。

つまり、重要なことは借りれ希望額と年収のバランスが取れていること。無理な借り入れは、審査ではじかれます。

ちなみに勤務先や雇用形態はアルバイトやパートでも問題ありません。

借り入れ条件はプロミスとアイフルが有利

お金を借りたら利息が発生します。その利息がいくらになるのかは、金利(実質年率)によって決まります。

結論からいうと、アコム、アイフル、プロミスで金利の差はほとんどありません。

  • 【アコム】
  • 3.0%〜18.0%
  • 初回30日間無利息あり
  • 【アイフル】
  • 3.0%〜18.0%
  • 初回30日間無利息あり
  • 【プロミス】
  • 4.5%〜17.8%
  • 初回30日間無利息あり

わずかな差はあるものの、発生する利息に大きな影響はありません。

また、どのキャッシングも初回30日間無利息で借りられるので利息の負担を減らすことができます。

借りるときにはプロミスが便利で有利

実際に審査にとおって借りるときのことを考えると、借入方法が便利なほうが絶対に良いですよね。

アコム、アイフル、プロミスのいずれも借入方法は種類が豊富なのでそこまで困ることはないと思います。

基本的には各サービスとも以下の方法で借り入れが可能です。

  • ・インターネット借り入れ
  • ・店舗、専用ATM
  • ・電話による振り込み
  • ・提携ATM(コンビニ、銀行など)

一番便利なのは、来店不要のインターネット借り入れでしょう。会員サイトから、自分の銀行口座にお金を振り込んでもらう方法です。

比較してみるとわかりますが、ちがいがあるのは提携ATM数と手数料です。

アコムの提携ATMと手数料

提携ATMおもな設置場所手数料
三菱UFJ銀行三菱UFJ銀行1万円以下 108円
1万円超 216円
セブン銀行イトーヨーカドー
セブンイレブン
同上
イーネット(E-net)ファミリーマート
スリーエフ
同上
ローソンATMローソン
ナチュラルローソン
同上
ゼロバンクファミリーマート
サークルKサンクス
同上
イオン銀行イオン
ミニストップ
同上
クレディセゾンクレディセゾンATM同上

アイフルの提携ATMと手数料

提携ATMおもな設置場所手数料
三菱UFJ銀行三菱UFJ銀行1万円以下 108円
1万円超 216円
セブン銀行イトーヨーカドー
セブンイレブン
同上
イーネット(E-net)ファミリーマート
スリーエフ
※E-netのATM設置店のみ
同上
ローソンATMローソン
ナチュラルローソン
同上
西日本シティ銀行西日本シティ銀行同上
イオン銀行イオン
ミニストップ
※イオン銀行ATM設置店のみ
同上
親和銀行親和銀行同上

プロミスの提携ATMと手数料

提携ATMおもな設置場所手数料
三井住友銀行三井住友銀行0円
ゆうちょ銀行ゆうちょ銀行1万円以下 108円
1万円超 216円
セブン銀行イトーヨーカドー
セブンイレブン
同上
イーネット(E-net)ファミリーマート
スリーエフ
同上
ローソンATMローソン
ナチュラルローソン
同上
三菱UFJ銀行三菱UFJ銀行同上
イオン銀行イオン
ミニストップ
同上

プロミスは手数料0円で三井住友銀行ATMから借り入れができます。

近くに専用ATMがない人や、インターネット借り入れではなくATMで直接現金を引き出したい人はプロミスがおすすめです。

プロミスの公式サイトをチェックしてみる

返済で有利なのはプロミス

返済は意外と気にしない人が多いですが、返済が遅れると面倒なことになります。ですから、なるべく返済がしやすいキャッシングを選んだほうがいいです。

アコム、プロミス、アイフルとも選べる返済方法は同じです。ただ、アコムはコンビニのマルチメディア端末に非対応です。

  • ・インターネット振り込み
  • ・店頭、専用ATM
  • ・提携ATM(コンビニ、銀行など)
  • ・銀行口座から自動引き落とし
  • ・コンビニのマルチメディア端末
  • (ローソン「Loppi」、ファミマ「ファミポート」)

低額で返済できるのはプロミス

残高5万円残高10万円残高30万円
プロミス¥2,000¥4,000¥11,000
アコム¥3,000¥5,000¥13,000
アイフル¥4,000¥4,000¥13,000
SMBCモビット¥4,000¥4,000¥11,000

比較すると、わかりますがキャッシングは借り入れ額に応じて最低返済額が決まっています。つまり「最低でも毎月これくらいは返してね」という決まり事があるわけです。

借り入れ額にもよりますが、各借り入れ残高でもっとも返済額が低いのはプロミスです。

つまり、プロミスなら毎月の返済負担を軽くしながらコツコツ返済できるということ。

もちろん、自分で返済額は好きな金額で指定できるので、まとめて返済することも可能です。

いずれにしても、アコム、アイフルと比較すると返済の面ではプロミスのほうが有利ということになります。

総合的にみるとプロミスがおすすめ

アコム、アイフル、プロミスを比較すると、どのキャッシングも大きな差はないことがわかります。

しかし、提携ATMの手数料や返済の利便性を考えるとプロミスが一番おすすめです。

アコム、アイフルを積極的に選ぶ理由はあまりないので、迷ったらプロミスを選べばまちがいありません。

プロミスの公式サイトをチェックしてみる

来店不要で最短即日!Web完結もOKのキャッシング

プロミスの公式サイトをチェックしてみる
プロミスは最もおすすめのカードローンです。プロミスではじめて借入れをする人は、30日間利息0円で借り入れができます(※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要)。書類郵送やカードレスも対応可で、Webだけで手続きできるサービスがあります。借り入れを家族や職場に知られたくない人にオススメ!最短即日で借り入れできます。プロミスは他社の大手消費者金融会社にくらべて毎月の最低返済額が低いので、「毎月の返済額を軽くしたい」という人にもピッタリですよ。フル入力なら電話確認が不要(Webだけで完結)なので、申し込みはフル入力にしましょう。

三井住友銀行・ジャパンネット銀行の口座登録で24時間最短10秒で振込

女性の方には安心のレディースキャッシングがオススメ

WEB完結でカンタンに申し込みから審査、借り入れまで利用できるのがSMBCモビットです。三菱UFJ銀行か三井住友銀行の口座があって、社会保険証があればインターネットだけで手続きが完了するので来店不要。
WEB完結なら「電話なし、郵送なし」で利用できる数少ないカードローンです。SMBCモビットには30日間無利息サービスがありませんが、WEB完結申し込みは家族や職場にバレる心配がないので、安心して利用できます。

\WEB完結、来店不要が嬉しい!/

来店不要で最短即日!はじめてなら最大30日間無利息で借りられる

1秒診断」はキャッシングサービスとくらべて最速の診断スピードを誇ります。はじめての方なら最大30日間利息0円で借りられる安心感、さらには来店不要のネット申し込みも便利です。
急いでいる人は最短即日融資も受けられるので、とにかく今すぐ借りたい!という人にもピッタリ。
さらに嬉しいことに、借り入れ最少単位は1,000円〜となっているので「ちょっとだけ借りたい」というニーズにも応えてくれますよ(限度額800万円まで、一部ATMは10,000円~)。

電話連絡なし!家族や職場にバレずにお金を借りるならアコム

3秒診断」で借り入れ可能かスグに診断!運転免許証(交付を受けていない方は健康保険証等)があれば電話連絡なしで借り入れ可能です。アコムは三菱UFJフィナンシャルグループの消費者金融として高い支持を得ています。
インターネットからカンタンに申し込みができて、即日融資も可能なので非常に便利。
はじめて利用する人は「30日間無利息」でお金を借りられるのも大きな魅力です。家族や職場にバレる心配もないので安心して利用できます。

\アコムは最短即日!30日間無利息!/

当サイトおすすめランキング

プロミスは最短1時間で融資が受けられるキャッシングです。はじめてなら30日間無利息でお金を借りられるため、返済負担を軽くすることができます。

スマホやパソコンからその場で申し込みができるため、来店不要で借入可能。誰にもバレたくない人にもピッタリのキャッシングですね。

SMBCモビットは「来店不要」「電話・郵送なし」という借りる人にとって助かるキャッシングです。わずか10秒で簡易結果表示されるので、その場で借入可能かチェックできます。

もちろんスマホやパソコンだけで申し込みから借り入れまですべて完結できます。無利息期間はありませんが、とても使いやすいキャッシングなのでオススメです。

アイフルアコムプロミス
シェアする

お金のハテナ!!【お金を借りる基礎知識】