妊娠の中絶費用が払えない!お金がないときの対処法とは?

妊娠中絶費用が払えない 出産にかかるお金

予期せぬ妊娠が発覚すると、出産するか中絶するかで迷うことでしょう。
もちろん出産をして子育てをする決意ができればいいのですが、将来のことを考えると中絶を望む人が少なくありません。

しかし、中絶費用は高額のお金が必要になります。そして、なるべく早い決断が必要です。
ですから予算的にも精神的にも気軽にできる手術ではありません。

とはいえ中絶手術に必要なお金がないとどうしようもありません。
中絶のお金が払えない場合、どのように対処すればいいのでしょうか?

中絶は早ければ早いほど良い。その理由とは?

中絶というのは女性にとって非常に負担の大きいものです。
精神的・肉体的、そして経済的にもダメージを受けます。

しかし、じつはその負担は中絶の判断の早めることで軽減することが可能です。
一体どういうことでしょうか?

妊娠が発覚してお腹に身ごもると、時間が経過するにつれて成長していきます。これは当然ですね。
ここで重要なのは、お腹の赤ちゃんが大きくなればなるほど、女性の体への負担が大きくなるということです。

妊娠初期のうちは簡単な手術で済むケースも多いのですが、時間が経てば経つほど手術は困難になります。

つまり、中絶をするなら早いほうが絶対に良いということです。

出産をする、中絶をするという判断はなるべく早くすることをオススメします。
もしおろすのであれば、結論とお金の出し方には注意したいですね。

中絶は必ず親に相談しよう

そのときには、必ず親へ相談すべきです。
もし妊娠した女性が未成年であれば、中絶に親権者の同意が必要になるからです。これは避けられません。

また、成人女性であっても中絶費用を用意するのは大変です。
あとでくわしく紹介しますが、中絶にかかるお金が高額になります。

親に言い出しづらいのは誰でも一緒です。しかし、場合によっては資金援助を受けられる可能性があります。

もし親に頼ることができないのであれば、せめて友人に相談するようにしましょう。

女性の精神は妊娠によってかなり不安定になります。
近くに頼れる人をつくることはとても大切なことです。

中絶にかかる費用はいくら必要?

さて、中絶を考えるときに1番気になるのは「中絶費用」です。

未成年であればもちろんのこと、成人女性であっても払えない不安を持つ人は多いのではないでしょうか?

まず知っておきたいのは、妊娠手術は健康保険を使えないということです。
いわゆる「自由診療」となるので、費用は全額自己負担となります。

このあと、くわしく紹介する手術とは他に検査費用もかかります。
エコーや妊娠検査に1〜2万円程度必要となるでしょう。

さきほど述べたように、中絶はそのタイミングによって費用が大きく変わってきます。
妊娠してから12週を境界線にして費用が高くなります。

  • ・初期中絶手術(妊娠〜12週未満)
  • 7〜12万円
  • ・中期中絶手術(12週以降)
  • 20〜30万円

初期中絶手術とは?

11週6日までの中絶は、胎児が小さいので比較的カンタンな手術で済みます。
このうち最も手術に適しているのは6〜9週です。

その理由は、子宮が大きすぎず小さすぎずのちょうどいいサイズになるので、手術がしやすいからです。

早ければ早いほうがいいのですが、早すぎてもいけません。
実際に手術を受ける前にはこうした事情も知っておいたほうがいいでしょう。

中期中絶手術とは?

中期中絶手術とは、妊娠してから12週以降の人が受ける中絶のことをいいます。
初期中絶よりも胎児が大きくなってしまうので、手術がむずかしくなるのが特徴です。

費用も10万円以上高くなり、母体にかかる負担も大きくなります。

妊娠中絶ができない人っているの?

ちなみに中期中絶手術よりもさらに遅れる、つまり妊娠してから時間が経過しすぎてしまうと中絶ができなくなります
なぜでしょうか?

その理由は、あまりにも胎児が大きくなってしまうことで、母体への悪影響が大きくなるからです。

日本には母体保護法という法律があります。
この法律のなかで、妊娠中絶手術を受けられる条件を妊娠21週6日までと決められているのです。

そのため、中絶ができない状態になった場合には出産するしかなくなります。
出産にかかる費用は30〜50万円となるので、中絶以上にお金がかかる計算です。

いずれにしても妊娠してしまった以上は出費を避けられないのが現実なのです。

中絶手術の流れとは?

中絶を何度も経験する人はいないでしょうから、はじめてのことばかりで不安が多いですよね。

事前に手術の流れを知っておくだけで、精神的にかなりラクになりますよ。
まずはおおまかな流れをチェックしておきましょう。

  • ・受診(医師の診断を受ける)
  • ・手術の前日(21時以降は飲食禁止)
  • ・手術の当日(消毒・麻酔を受ける)
  • ・手術実施(10分程度で終了)
  • ・手術のあと(2〜3日は安静に)

簡単に流れを説明すると以上のようになります。

このうち重要なのは術後です。
手術後は肉体的にも精神的にも大きく弱っています。処方された薬はきちんと飲むことが重要。

これを怠ると合併症などを引き起こす恐れがあります。

中絶手術にはどんな種類があるの?

妊娠中絶手術には大きく分けて2つの種類があります。
医師に相談したうえで、適した方法を選びましょう。

  • ・掻把法(そうはほう)
  • ・吸引法

掻把法(そうはほう)ってなに?

細長いスプーンのような器具を使って、胎児や胎盤を含めた付属物を掻き出す方法です。

手術自体はカンタンなので、子宮内感染などは起きにくいメリットがあります。

ただし、医師の施術によっては子宮内を傷つく恐れも。
信頼できる病院を選びましょう。

吸引法ってなに?

強力な吸引器を使って、子宮内の胎児や付属物を吸い出す方法です。
時間を短縮できるメリットはあるものの、術中に子宮内を傷つけて出血する可能性があります。

また、器具の殺菌や消毒がしっかりされていないと子宮内感染の恐れも。

中絶費用が払えない場合はどうすればいい?

さて、ここまで妊娠中絶手術について見てきました。
さきほど説明したとおり、中絶の決断は早いに越したことはありません。

ですから、お金を用意してスグに手術を受けるのが理想です。
しかし、費用は少なくとも10万円はかかりますし、中期中絶手術なら30万円程度かかります。

中絶費用が払えない場合、どうやってお金を用意すれば良いのでしょうか?

考えたいのは以下の2つです。

  • ・親や友人の援助
  • ・キャッシングでお金を借りる

まずは家族や友人にお金を借りることができないか相談してみましょう。
学生はアルバイトをして、社会人はしっかりと働いて返済することを親や友人に約束してください。

もしまわりに頼れる人がいないのであれば、キャッシングやカードローンがおすすめです。
プロミスやアコムなどのキャッシングは、最短即日で借り入れが可能なので急いでいる人にも向いています。

インターネットから申し込むことができるので、まわりにバレる心配もありませんよ。

繰り返しますが、妊娠中絶は決断スピードが大切です。
もしお金で悩んでいるのであれば、まずは相談してみることをオススメします。

来店不要で最短即日!Web完結もOKのキャッシング

プロミスの公式サイトをチェックしてみる
プロミスは最もおすすめのカードローンです。プロミスではじめて借入れをする人は、30日間利息0円で借り入れができます(※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要)。書類郵送やカードレスも対応可で、Webだけで手続きできるサービスがあります。借り入れを家族や職場に知られたくない人にオススメ!最短即日で借り入れできます。プロミスは他社の大手消費者金融会社にくらべて毎月の最低返済額が低いので、「毎月の返済額を軽くしたい」という人にもピッタリですよ。フル入力なら電話確認が不要(Webだけで完結)なので、申し込みはフル入力にしましょう。

三井住友銀行・ジャパンネット銀行の口座登録で24時間最短10秒で振込

女性の方には安心のレディースキャッシングがオススメ

WEB完結でカンタンに申し込みから審査、借り入れまで利用できるのがSMBCモビットです。三菱UFJ銀行か三井住友銀行の口座があって、社会保険証があればインターネットだけで手続きが完了するので来店不要。
WEB完結なら「電話なし、郵送なし」で利用できる数少ないカードローンです。SMBCモビットには30日間無利息サービスがありませんが、WEB完結申し込みは家族や職場にバレる心配がないので、安心して利用できます。

\WEB完結、来店不要が嬉しい!/

来店不要で最短即日!はじめてなら最大30日間無利息で借りられる

1秒診断」はキャッシングサービスとくらべて最速の診断スピードを誇ります。はじめての方なら最大30日間利息0円で借りられる安心感、さらには来店不要のネット申し込みも便利です。
急いでいる人は最短即日融資も受けられるので、とにかく今すぐ借りたい!という人にもピッタリ。
さらに嬉しいことに、借り入れ最少単位は1,000円〜となっているので「ちょっとだけ借りたい」というニーズにも応えてくれますよ(限度額800万円まで、一部ATMは10,000円~)。

電話連絡なし!家族や職場にバレずにお金を借りるならアコム

3秒診断」で借り入れ可能かスグに診断!運転免許証(交付を受けていない方は健康保険証等)があれば電話連絡なしで借り入れ可能です。アコムは三菱UFJフィナンシャルグループの消費者金融として高い支持を得ています。
インターネットからカンタンに申し込みができて、即日融資も可能なので非常に便利。
はじめて利用する人は「30日間無利息」でお金を借りられるのも大きな魅力です。家族や職場にバレる心配もないので安心して利用できます。

\アコムは最短即日!30日間無利息!/

当サイトおすすめランキング

プロミスは最短1時間で融資が受けられるキャッシングです。はじめてなら30日間無利息でお金を借りられるため、返済負担を軽くすることができます。

スマホやパソコンからその場で申し込みができるため、来店不要で借入可能。誰にもバレたくない人にもピッタリのキャッシングですね。

SMBCモビットは「来店不要」「電話・郵送なし」という借りる人にとって助かるキャッシングです。わずか10秒で簡易結果表示されるので、その場で借入可能かチェックできます。

もちろんスマホやパソコンだけで申し込みから借り入れまですべて完結できます。無利息期間はありませんが、とても使いやすいキャッシングなのでオススメです。

出産にかかるお金医療にかかるお金
シェアする

お金のハテナ!!【お金を借りる基礎知識】