結婚内祝い金額の相場はいくら?お返しの正しい選び方

結婚式の内祝い金額の相場と選び方 冠婚葬祭にかかるお金

結婚式で披露宴を開くと、ご祝儀をもらうことになります。
コチラが用意する引き出物は、ご祝儀の金額に合わせるのが一般的です。

しかし、ご祝儀を開けてみると「あれ、この人こんなにくれた!」ということがありますよね。
そんなときに必要となるのが結婚内祝いです。

今回は「内祝いとは?」という基本的な知識にはじまり、結婚内祝いの金額相場、そしてお返しの正しい選び方をわかりやすく解説します。

そもそも内祝いとはどんな意味があるの?

まずは「内祝い」の正しい意味について確認しておきましょう。
内祝いとは、本来の意味が現在とは異なっています。

本来の内祝いの意味は「おもてなしと感謝」

本来の内祝いとは、自分を含め家族におめでたいことがあったときに、親戚や親しい人を招いて宴席を開くことをいいます。
また、コチラから親戚や親しい人に贈り物を贈る行為も内祝いに含まれます。

本来の内祝いには「お返し」という意味はなく、コチラが自発的に宴席を設けたり、贈り物を贈ることを指します。

現在の内祝いの意味は「お祝い金のお返し」

現在は内祝いの意味が変わってきており、おおむね「ご祝儀やお祝い金、贈答物へのお返し」のことを内祝いと呼びます。

内祝いは結婚式に関わることだけでなく、入学・成人・就職・結婚・出産などあらゆる場面で使われる言葉です。

どんなときに使われても、内祝いの意味合いは「お返し」ということに変わりはありません。

相手の金額に応じたお返しが基本

結婚内祝いの場合には、相手からもらったご祝儀やお祝いの品に応じた「お返し」が基本となっています。

冒頭でも説明したように、コチラが思っていたよりも多い金額を相手からもらってしまった場合などには内祝いが必要です。

また、もらえると思っていなかった人からのご祝儀やお祝いの品に対してもお返しをするようにしましょう。
たとえば、結婚式や披露宴には招待していない人からご祝儀をいただいた場合には金額に応じた内祝いを返しましょう。

結婚内祝いの金額は?相場をチェック

さて、内祝いの意味について確認したところで、次は内祝い金額の相場を見ていきましょう。

結論から言うと、結婚内祝い(つまり、お返しの金額)の相場は、もらったお祝いの「半額〜3割」と言われています。

ご祝儀であれば、もらった金額の半額〜3割。お祝いの品物であれば、同じように商品代金の半額〜3割をお返しします。

ここでは、ご祝儀をもらった場合に必要な内祝いの金額を以下の整理しておきます。

  • ・10万円もらった場合
  • ⇒3〜5万円をお返しする
  • ・7万円もらった場合
  • ⇒2万円〜3万5000円
  • ・5万円もらった場合
  • ⇒1万5000円〜2万5000円
  • ・3万円もらった場合
  • ⇒1万円〜1万5000円

以上にように、金額に応じて内祝いの金額相場も変わってきます。
いずれも半額〜3割に収まるようにお返しを選ぶのが妥当です。

内祝いはあくまでも気持ちの問題。形式通りにやらなくてもOK

結婚内祝いはしきたりとしてあるものですが、じつは絶対に必要というものではありません。
結婚内祝いでお返しをするかどうかは、親戚や親しい人と夫婦との関係性によって変わってくるからです。

これまでもこれからも、助けてもらったりお世話になっている人にはしっかりと内祝いをするべきでしょう。
一方で、そこまで親しくない人から少額のご祝儀をいただいた場合には、返さなくて良いケースもあります。

ザックリとしてしまうのですが、こればかりは新郎新婦の考え方によるところが大きいのが事実。
自分たちの金銭状態を考えながら、最善の内祝いを選ぶべきです。

披露宴の料理や引出物の費用を差し引きしてOK

さきほど説明したように、内祝いとは「相手のお祝いに応じた金額」でお返しするのが鉄則です。

ですから、コチラがおもてなしに使った費用(披露宴の料理や引き出物)は差し引きして考えても問題ありません。

たとえば披露宴の料理と引き出物に1人あたり2万円使ったとしましょう。
ある招待客から3万円のご祝儀を受け取った場合、差し引き1万円のご祝儀となります。

内祝いはこの金額を基準に考えればいいのです。

「そんな細かい計算までするなんて、何だからケチくさくない?」

と思われるかもしれませんが、むやみに高額な内祝い(お返し)をすると、かえって相手に気を遣わせてしまう可能性があります。

高額な内祝い(お返し)は相手を恐縮させてしまう

内祝いは形式どおりにやるべきではありません。
なぜなら、気持ちではなく数字だけで決めてしまうと、内祝いを受け取る相手が恐縮してしまう可能性があるからです。

たとえば、10万円のご祝儀をくれた人に対して、しきたりどおり半額の5万円の内祝いをお返しするとします。
相手との関係性にもよりますが、おそらく5万円のお返しを受け取った側からすると、

「いやいや、そんなつもりじゃないんだけど…」

と高額なお返しに恐縮し、困惑してしまうでしょう。

10万円など高額なご祝儀やお祝いの品物をくれる人は「新生活の費用に足しにしてね」という思いをもっています。

それなの高額な内祝いを返してしまうと、相手の気持ちを尊重できなくなる可能性もあるのです。

結婚内祝いには何を返せばいいの?

結婚内祝いにお返しするもので悩む人も多いのではないでしょうか?
結論から言うと、内祝いに選ぶべき商品は「家にいくつあっても困らない、誰もが喜ぶモノ」です。

正直に言って、それを選ぶのはかなりセンスが問われます。
一例を挙げるとすれば、以下のような商品を内祝いに選ぶと良いでしょう。

  • ・調味料の詰め合わせ
  • ・タオルセット
  • ・洗剤セット
  • ・シンプルな食器やグラス

内祝いをするお金がないときはどうする?

結婚式の費用は、披露宴の規模や招待客の人数によりますが高額になることがあります。
ゼクシィの発表によれば、結婚資金の全国平均は「442万円」となっています。

これだけのお金がかかった式の後に結婚内祝いの費用が必要となるのは、大きな痛手でしょう。
もし内祝いをする資金的な余裕がないのであれば、無理をせずにお返しをしなくてもいいと思います。

しかし、これから始まる夫婦生活のおいて、周りの助けが必要になる場面は必ずあります。
そのときにお世話になることも考えると、内祝いはしっかり渡しておくべきです。

内祝いに使うお金がないのであれば、キャッシングでお金を立て替えておくのも1つの方法です。

じつを言うと、私も結婚式費用でお金を使ってしまい、残金3万円の状態で内祝いの必要が生じて焦った経験があります。
そのときはプロミスで30万円を借りて、カタログギフトを内祝いとして選びました。

急場を乗り越えることができたので、今となっては笑い話です。
内祝いをしっかりするために、事前に確認しておくと安心ですよ。

来店不要で最短即日!Web完結もOKのキャッシング

プロミスの公式サイトをチェックしてみる
プロミスは最もおすすめのカードローンです。プロミスではじめて借入れをする人は、30日間利息0円で借り入れができます(※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要)。書類郵送やカードレスも対応可で、Webだけで手続きできるサービスがあります。借り入れを家族や職場に知られたくない人にオススメ!最短即日で借り入れできます。プロミスは他社の大手消費者金融会社にくらべて毎月の最低返済額が低いので、「毎月の返済額を軽くしたい」という人にもピッタリですよ。フル入力なら電話確認が不要(Webだけで完結)なので、申し込みはフル入力にしましょう。

三井住友銀行・ジャパンネット銀行の口座登録で24時間最短10秒で振込

女性の方には安心のレディースキャッシングがオススメ

WEB完結でカンタンに申し込みから審査、借り入れまで利用できるのがSMBCモビットです。三菱UFJ銀行か三井住友銀行の口座があって、社会保険証があればインターネットだけで手続きが完了するので来店不要。
WEB完結なら「電話なし、郵送なし」で利用できる数少ないカードローンです。SMBCモビットには30日間無利息サービスがありませんが、WEB完結申し込みは家族や職場にバレる心配がないので、安心して利用できます。

\WEB完結、来店不要が嬉しい!/

来店不要で最短即日!はじめてなら最大30日間無利息で借りられる

1秒診断」はキャッシングサービスとくらべて最速の診断スピードを誇ります。はじめての方なら最大30日間利息0円で借りられる安心感、さらには来店不要のネット申し込みも便利です。
急いでいる人は最短即日融資も受けられるので、とにかく今すぐ借りたい!という人にもピッタリ。
さらに嬉しいことに、借り入れ最少単位は1,000円〜となっているので「ちょっとだけ借りたい」というニーズにも応えてくれますよ(限度額800万円まで、一部ATMは10,000円~)。

電話連絡なし!家族や職場にバレずにお金を借りるならアコム

3秒診断」で借り入れ可能かスグに診断!運転免許証(交付を受けていない方は健康保険証等)があれば電話連絡なしで借り入れ可能です。アコムは三菱UFJフィナンシャルグループの消費者金融として高い支持を得ています。
インターネットからカンタンに申し込みができて、即日融資も可能なので非常に便利。
はじめて利用する人は「30日間無利息」でお金を借りられるのも大きな魅力です。家族や職場にバレる心配もないので安心して利用できます。

\アコムは最短即日!30日間無利息!/

当サイトおすすめランキング

プロミスは最短1時間で融資が受けられるキャッシングです。はじめてなら30日間無利息でお金を借りられるため、返済負担を軽くすることができます。

スマホやパソコンからその場で申し込みができるため、来店不要で借入可能。誰にもバレたくない人にもピッタリのキャッシングですね。

SMBCモビットは「来店不要」「電話・郵送なし」という借りる人にとって助かるキャッシングです。わずか10秒で簡易結果表示されるので、その場で借入可能かチェックできます。

もちろんスマホやパソコンだけで申し込みから借り入れまですべて完結できます。無利息期間はありませんが、とても使いやすいキャッシングなのでオススメです。

冠婚葬祭にかかるお金
シェアする

お金のハテナ!!【お金を借りる基礎知識】