アコムで3万円借りると金利と返済額はいくら?計算してみた

アコムで3万円借りる アコム

はじめてお金を借りるときはわからないことの連続です。
少額でも借りられるのか?利息はいくらなのか?

前もってわかっていると、不安なくアコムを利用できるはずです。
アコムは1万円~800万円という限度額で借りられるので、もちろん3万円という金額も借り入れ可能です。

では3万円借りた場合の金利と利息、返済額はいくらになるのでしょうか?

まずはアコムの公式サイト「返済シミュレーション」を使ってみよう!

3万円借り入れ時の金利と返済額については、アコムの返済シミュレーションでカンタンに計算できます。
もしすでにお金を借りることを決めているよ、という人は実際に計算してみると良いでしょう。

アコムの返済シミュレーションは以下の2つから選んで計算ができます。

  • ・返済回数から毎月の返済金額を算出する
  • ・毎月の返済金額より返済回数を算出する

返済回数を自分で決めたい人は?

借り入れ金額に対して、返済回数を何回にするか?をあなた自身で決めて計算することができます。
その場合には、「返済回数から毎月の返済金額を算出する」を選びましょう。

借入希望額、借り入れ利率、返済回数を入力すると、毎月の返済金額がすぐにわかります。

毎月の返済額を自分で決めたい人は?

3万円を借りて、「毎月5,000円ずつ返したい」といった希望がある場合には、「毎月の返済金額より返済回数を算出する」で計算しましょう。

毎月の返済額が決まってくると、安定して返済ができるようになるので個人的にはコチラがオススメ。

一定額を積み立てるイメージで返済ができると、遅れる心配もなくなります。

いますぐアコムでお金を借りる方法とは?

アコムで3万円借りた場合の返済額を計算をしてみよう

それではここから、アコムで3万円借りたときの返済額を計算してみましょう。
さきほど説明したように、アコムでは「返済回数」と「毎月の返済額」のどちらかを、あなた自身で決めて計算することができます。

両方とも計算しておくと、返済プランを決めやすいと思いますので、どちらもチェックしてみてください。

返済回数を決めて計算してみる

  • ・借り入れ金額:3万円
  • ・借入金利:18.0%
  • ・返済回数:12回(1年間)
  • ⇒毎月の返済額:2,950円
  • ⇒総返済額:35,400円

3万円はそこまで大きな金額ではありませんが、無理に返済をしても生活が苦しくなるだけです。
そのため、12回などゆったりと返済をするプランでもいいと思います。

毎月わずか3000円程度の返済なので、無理はない範囲です。もしそれでも返済が厳しければ、15回や24回などに返済回数を増やすことも可能。

ただし、返済回数が伸びるとそれだけ総返済額が増えるので注意が必要です。

毎月の返済額を決めて計算してみる

  • ・借り入れ金額:3万円
  • ・借入金利:18.0%
  • ⇒毎月の返済額:1,500円
  • ⇒総返済額:35,937円
  • ⇒返済回数:24回(2年間)

毎月の返済額を1,500円とかなり少額に設定して計算してみました。
実際にアコムに申し込みをするときに、あまりに返済額が少額すぎると審査が下りない可能性もあるので注意してください。

さて、毎月1,500円の返済を続けると返済回数は24回と大幅に増えます。
毎月の負担額は少なくて済みますが、返済総額は35,937円となり、利息負担分は5,937円になります。

3万円という少額であっても、借りる目的と返済手段をまえもって考えておくようにしましょう。

いますぐアコムでお金を借りる方法とは?

3万円の借り入れはアコムのネット申し込みが便利

冒頭で紹介した「返済シミュレーション」はすべてインターネット上で利用できるサービスです。

もし3万円の借り入れを検討しているのであれば、まずは返済シミュレーションを活用してみてください。
その画面からそのまま借り入れ申し込みまで進めるので、時間を節約することもできます。

申込完了後に審査に通過すれば、最短即日でお金を借りられます。
自分の指定する口座にお金を振り込んでもらえるので、来店不要なのは嬉しいところ。

もっとお得?アコム以外のカードローンを比較してみよう

3万円を借りるうえで、アコムは有力なカードローンになると思います。
しかし、じつはアコム以外にも知っておきたいカードローンがあるのも事実です。

まずはアコムを含めたカードローンについて、実質金利などを含めて比較してみましょう。

実質年率借り入れ可能額無利息期間審査時間
プロミス4.5%~17.8%1万円〜500万円初回30日間無利息最短30分
アイフル3.0%〜18.0%1,000円〜800万円
(一部ATMは1万円〜)
最大30日間無利息
(はじめての方)
最短30分
アコム3.0%〜18.0%1万円〜800万円初回30日間無利息最短30分
レイク4.5%~18.0%1万円〜500万円30日間 or 180日間
(どちらか選択)
申込後スグ画面に表示
SMBCモビット3.0%〜18.0%1万円〜800万円なし10秒で簡易審査結果表示

こうして見ると、実質金利については各サービスでほぼおなじ水準であることがわかります。
そのため、アコムが抜き出て良いかと問われれば、決してそんなことはありません。

ちがうところといえば、「初回無利息期間の有無」です。
アコム、プロミス、アイフルは初回30日間無利息なので、初心者にも安心なのが特徴。

どのカードローンもインターネット申し込み&借り入れに対応しているので、来店することなく手続きが可能です。

こうして比較すると、反対に「どこを選べばいいのかわからないよ!」という人もいるでしょう。

正直に言ってしまえば、プロミス、アイフル、アコムは大きな差はありません。
あとはあなたの近所に店舗があるか、自分の第一印象はどうか。こういったことで決めてもいいと思います。

いずれにしても、各サービスとも無料の返済シミュレーションが利用できます。
公式サイトから実際に計算してみると良いでしょう。

来店不要で最短即日!Web完結もOKのキャッシング

プロミスの公式サイトをチェックしてみる
プロミスは最もおすすめのカードローンです。プロミスではじめて借入れをする人は、30日間利息0円で借り入れができます(※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要)。書類郵送やカードレスも対応可で、Webだけで手続きできるサービスがあります。借り入れを家族や職場に知られたくない人にオススメ!最短即日で借り入れできます。プロミスは他社の大手消費者金融会社にくらべて毎月の最低返済額が低いので、「毎月の返済額を軽くしたい」という人にもピッタリですよ。フル入力なら電話確認が不要(Webだけで完結)なので、申し込みはフル入力にしましょう。

三井住友銀行・ジャパンネット銀行の口座登録で24時間最短10秒で振込

女性の方には安心のレディースキャッシングがオススメ

WEB完結でカンタンに申し込みから審査、借り入れまで利用できるのがSMBCモビットです。三菱UFJ銀行か三井住友銀行の口座があって、社会保険証があればインターネットだけで手続きが完了するので来店不要。
WEB完結なら「電話なし、郵送なし」で利用できる数少ないカードローンです。SMBCモビットには30日間無利息サービスがありませんが、WEB完結申し込みは家族や職場にバレる心配がないので、安心して利用できます。

\WEB完結、来店不要が嬉しい!/

来店不要で最短即日!はじめてなら最大30日間無利息で借りられる

1秒診断」はキャッシングサービスとくらべて最速の診断スピードを誇ります。はじめての方なら最大30日間利息0円で借りられる安心感、さらには来店不要のネット申し込みも便利です。
急いでいる人は最短即日融資も受けられるので、とにかく今すぐ借りたい!という人にもピッタリ。
さらに嬉しいことに、借り入れ最少単位は1,000円〜となっているので「ちょっとだけ借りたい」というニーズにも応えてくれますよ(限度額800万円まで、一部ATMは10,000円~)。

電話連絡なし!家族や職場にバレずにお金を借りるならアコム

3秒診断」で借り入れ可能かスグに診断!運転免許証(交付を受けていない方は健康保険証等)があれば電話連絡なしで借り入れ可能です。アコムは三菱UFJフィナンシャルグループの消費者金融として高い支持を得ています。
インターネットからカンタンに申し込みができて、即日融資も可能なので非常に便利。
はじめて利用する人は「30日間無利息」でお金を借りられるのも大きな魅力です。家族や職場にバレる心配もないので安心して利用できます。

\アコムは最短即日!30日間無利息!/

当サイトおすすめランキング

プロミスは最短1時間で融資が受けられるキャッシングです。はじめてなら30日間無利息でお金を借りられるため、返済負担を軽くすることができます。

スマホやパソコンからその場で申し込みができるため、来店不要で借入可能。誰にもバレたくない人にもピッタリのキャッシングですね。

SMBCモビットは「来店不要」「電話・郵送なし」という借りる人にとって助かるキャッシングです。わずか10秒で簡易結果表示されるので、その場で借入可能かチェックできます。

もちろんスマホやパソコンだけで申し込みから借り入れまですべて完結できます。無利息期間はありませんが、とても使いやすいキャッシングなのでオススメです。

アコム
シェアする

お金のハテナ!!【お金を借りる基礎知識】