利息制限法と出資法の上限金利はどれくらい?

利息制限法と出資法の上限金利 キャッシングの基礎知識

キャッシングやカードローンでお金を借りるときには必ず金利が発生します。
そのときには業者が決めた金利を借りた金額(元金)に上乗せして返済しなければいけません。

お金を返済するときの金利には上限が決められているのですが、その法律は2種類あります。

それが「利息制限法」と「出資法」です。

この2つにはどんなちがいがあるのでしょうか?上限金利についてふれながら、わかりやすく解説します。

利息制限法ってなに?

利息制限法は、消費者金融などの貸金業者がお金を貸すときの利息の上限を決めた法律です。

「お客さんにお金を貸すときは、利息はこの上限までにしてね」ということ。

つまり、業者がお金を貸すときには利息制限法を超える利息を設定してはいけません。また、個人間のお金の貸し借りでも利息制限法は適用されます

利息制限法の上限金利は以下のように決められています。

  • 10万円未満 年20%まで
  • 10万円以上100万円未満 年18%まで
  • 100万円以上 年15%まで

元金(借入額)が10万円未満だと、年率20%までしか利息をとってはいけません。
この法律に違反しても業者に罰則はありませんが、次に紹介する「出資法」と関連してきます。

出資法ってなに?

出資法は貸金業者を規制するためにつくられた法律です。
この法律も、さきほどの「利息制限法」と同じように上限金利を決めています。

出資法が決めている上限金利は「年29.2%まで」となっています。
これは元金の額に関係なく、一律29.2%という決まりです。

この出資法という法律に違反して年29.2%を超える利息を請求すると、業者は罰則の対象になります。
ポイントは、「利息制限法と出資法の上限金利に差がある」ということです。

消費者金融などの貸金業者は「利息制限法」と「出資法」の2つの法律を守る必要があります。

なぜ利息制限法と出資法の上限金利に差があるの?

じつは利息制限法は違反をしても罰則がありませんでした。

罰則のない法律を、貸金業者が守るでしょうか?いいえ、当然ながら貸金業者が守るのは「出資法」だけです。

利息制限法の上限20%と、出資法の上限29.2%のあいまいな範囲のことを「グレーゾーン金利」といいます。
これは、白でも黒でもない金利という意味で名付けられました。

以前までは、このグレーゾーン金利が法律の抜け穴として貸金業者に利用されていたことが問題視されていたのです。

わかりやすくいえば、利息制限法は有名無実、つまり名前だけの法律だったということです。

なぜ法律が2つもあるの?

ここでおそらく「なぜ2つも法律があるの?意味は?」と思う人がいることでしょう。

これについては、じつは出資法が平成22年に改正されたことに関係しています。
改正前の出資法の上限金利は「年29.2%」でした。

問題は、利息制限法の上限20%という法律がありながら、それを守っている人がおらず、どの業者も出資法の29.2%の金利をお金を貸していたのです。

さきほど説明したとおり利息制限法は罰則がありませんから、守る必要がありません。
どの貸金業者もたくさん利息が欲しいですから、みんなが29.2%の利息をとっていたのです。

グレーゾーン金利とは?

利息制限法の上限20%と出資法の上限29.2%のあいだの金利のことを「グレーゾーン金利」といいます。

このあいだの金利は貸金業者にとって法の抜け穴でした。

しかし、このグレーゾーン金利は出資法が改正されて上限金利が20%になったことで廃止されています。

どの消費者金融も上限金利を守っている

消費者金融やキャッシングと聞くと、「違法な金利を取り立てられるのではないか?」と悪いイメージを抱く人が少なくありません。
また、キャッシングは恐い取り立てがあるのではないか?という印象も根強いようです。

しかし、出資法という法律があることで貸金業者は法外な利息を請求してくることはないので心配無用です。
なぜなら、出資法に違反すると非常に厳しい罰則があるからです。

なかには、いわゆる「ヤミ金」と呼ばれる違法な貸金業者もあります。こうした業者は、利息制限法や貸金業法などは守りません。

お金を借りるときは、上限金利をしっかりと守っているキャッシング会社を利用しましょう。

来店不要で最短即日!Web完結もOKのキャッシング

プロミスの公式サイトをチェックしてみる
プロミスは最もおすすめのカードローンです。プロミスではじめて借入れをする人は、30日間利息0円で借り入れができます(※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要)。書類郵送やカードレスも対応可で、Webだけで手続きできるサービスがあります。借り入れを家族や職場に知られたくない人にオススメ!最短即日で借り入れできます。プロミスは他社の大手消費者金融会社にくらべて毎月の最低返済額が低いので、「毎月の返済額を軽くしたい」という人にもピッタリですよ。フル入力なら電話確認が不要(Webだけで完結)なので、申し込みはフル入力にしましょう。

三井住友銀行・ジャパンネット銀行の口座登録で24時間最短10秒で振込

女性の方には安心のレディースキャッシングがオススメ

WEB完結でカンタンに申し込みから審査、借り入れまで利用できるのがSMBCモビットです。三菱UFJ銀行か三井住友銀行の口座があって、社会保険証があればインターネットだけで手続きが完了するので来店不要。
WEB完結なら「電話なし、郵送なし」で利用できる数少ないカードローンです。SMBCモビットには30日間無利息サービスがありませんが、WEB完結申し込みは家族や職場にバレる心配がないので、安心して利用できます。

\WEB完結、来店不要が嬉しい!/

来店不要で最短即日!はじめてなら最大30日間無利息で借りられる

1秒診断」はキャッシングサービスとくらべて最速の診断スピードを誇ります。はじめての方なら最大30日間利息0円で借りられる安心感、さらには来店不要のネット申し込みも便利です。
急いでいる人は最短即日融資も受けられるので、とにかく今すぐ借りたい!という人にもピッタリ。
さらに嬉しいことに、借り入れ最少単位は1,000円〜となっているので「ちょっとだけ借りたい」というニーズにも応えてくれますよ(限度額800万円まで、一部ATMは10,000円~)。

電話連絡なし!家族や職場にバレずにお金を借りるならアコム

3秒診断」で借り入れ可能かスグに診断!運転免許証(交付を受けていない方は健康保険証等)があれば電話連絡なしで借り入れ可能です。アコムは三菱UFJフィナンシャルグループの消費者金融として高い支持を得ています。
インターネットからカンタンに申し込みができて、即日融資も可能なので非常に便利。
はじめて利用する人は「30日間無利息」でお金を借りられるのも大きな魅力です。家族や職場にバレる心配もないので安心して利用できます。

\アコムは最短即日!30日間無利息!/

当サイトおすすめランキング

プロミスは最短1時間で融資が受けられるキャッシングです。はじめてなら30日間無利息でお金を借りられるため、返済負担を軽くすることができます。

スマホやパソコンからその場で申し込みができるため、来店不要で借入可能。誰にもバレたくない人にもピッタリのキャッシングですね。

SMBCモビットは「来店不要」「電話・郵送なし」という借りる人にとって助かるキャッシングです。わずか10秒で簡易結果表示されるので、その場で借入可能かチェックできます。

もちろんスマホやパソコンだけで申し込みから借り入れまですべて完結できます。無利息期間はありませんが、とても使いやすいキャッシングなのでオススメです。

キャッシングの基礎知識
シェアする

お金のハテナ!!【お金を借りる基礎知識】